雨ニモマケズ 風ニモマケズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 内視鏡検査

<<   作成日時 : 2016/11/05 11:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

初めての内視鏡検査。

病院につくと、すぐにベッドに寝かされる。
お!事務的に進められている!!


「内視鏡は初めてですか?」
「そしたら、楽な鼻からですね。」
と勧められるままに進む。

鼻からでものども麻酔は必要らしいということで、喉の麻酔。
ゼリー状というかゲル状というか・・・。
舌についた感じで、麻酔が効いているのがわかる。


そして、スプレー状の麻酔。
さらに鼻にゼリー状の麻酔。
吸ってくださいと言われ吸い込む。


しばらく待っていると、なんだか痰が絡んだ感じ。
そして、つばが上手く飲み込めない。
喉の奥が落ちているのか、たまに息が吸えない感じがする。
おぉ、麻酔だけで意外としんどい。


医師がやってきて鼻の麻酔の効き具合を確かめる。
しかし、奥の方に入ると痛い。
というか、うずくというか、こめかみのあたりに痛みが走るというか。

「う〜ん。痛みますか。もう一回麻酔ですねぇ。」
と麻酔をされ効くまでしばらく待機。


また試してみると、やっぱり痛い。
「これは、鼻からはやめた方がいいですねぇ。」

えぇ〜。口からの方がしんどいって聞くんですが!!
鼻でもそれだけしんどいのに口ですか!!


と思うもすでに引き返せず。

口にものを咥えさせられ、口からカメラが。


喉の奥に入ると、嚥下反射が起こり、おぇっっとなる。
でも、意外とそうでもない。
何回か嚥下反射が起こるもそこまでつらくない。
体の中にカメラに入っていく感覚。
目の前の画面に様子が映る。

「入りました」
という声が聞こえると、つらさはなかった。
ただ・・・。
麻酔とカメラのせいでつばが飲めずに大変なことに。

でも、慣れてくると画面を見る余裕も。




これが自分の胃の中か・・・。



「あぁ、軽い胃炎ですね。ピロリ菌もいそうな感じがしますねぇ。」
「それは血液検査で分かるので検査しましょう。」


何枚も写真が撮られる。

そして引き抜かれる。
食道のあたりは麻酔の色か真っ白。
その食道でも写真を撮ってカメラが抜かれる。



「検査終了から1時間後に食事をとってください。その前に水を飲んでいつもの感覚に戻っているか確認してください。」


と言われるも、血液検査をするまでに1時間待たされる。



そして帰宅。
無事に食事。



そしてまだ鼻が痛い。


自分の場合は鼻の奥が狭かったのか、それとも麻酔が効きにくかったのか、鼻からより口からの方が圧倒的に楽でした。
とても、昨晩、胃カメラを飲んで苦しんでいる夢を見ていたとは思えないくらい。
何回もはしたくないですが、それでも無事に終わってよかったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
内視鏡検査 雨ニモマケズ 風ニモマケズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる