雨ニモマケズ 風ニモマケズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ「おんな城主直虎」 #48 信長、浜松来たいってよ

<<   作成日時 : 2017/12/03 20:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

あっという間に武田が滅亡。
ここからは去年の真田丸とつながります。


ということは、あっという間に本能寺の変ということで・・・。


信長から火急の用。
宴会の最中に何事かと思いきや、
駿河、遠江を見たいんだと!


徳川家、織田を迎えるのにえらい騒ぎです。


そこに乗っかる今川氏真。
座興を用意したと氏真。
相撲ですってさ。
相撲を見ながら、桶狭間を思い出す。って。
氏真がいるのに、言いますか、信長。
その信長に信頼されている家康。
複雑な心境です。

裏で氏真、何か動いています。


直虎のもとに身元不明の子どもが。
いったい何でしょうか。


あっという間に信長は去っていきました。
と思ったら、また信長からの使者が。
安土でもてなしたいという話。
家臣も全員来てよいという話。

ところが、疑心暗鬼な家康。
徳川家をつぶすつもりか?
でも、断れないぞ!!
と相談中に氏真、再登場。
家康の耳元でなにかをささやきます。


子どもは今川から出てきた子。
しかも、明智の子!
家康を殺す策を利用して信長を殺す!
そのための人質。
そのための囮としての家康。

直虎、家康の説得に来ます。


家康は安土へ行くことに。


家康が信長暗殺を知っていたという立場をとったようですね、今回。
さて、この後どう展開するか・・・。
本能寺ホテル DVDスタンダード・エディション
ポニーキャニオン
2017-08-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 本能寺ホテル DVDスタンダード・エディション の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)
文芸社
明智 憲三郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」第48回「信長、浜松来たいってよ」
今週のタイトルネタは〜「日馬富士、相撲やめるってよ」・・うわああ、すみませんすみません、時事ネタに走らず真面目に推測すれば、「桐島、部活やめるってよ」ですよねええ〜。桐島君の投じた一石が皆の心に波紋を呼ぶオムニバス青春小説アア〜〜ンド映画化好評の良作品・・あっ!じゃあじゃあもしかしてもしかすると、ご本尊の信長様は登場しなかったりなんかしちゃったりして〜? ...続きを見る
真田のよもやま話
2017/12/03 20:53
おんな城主直虎 第48回「信長、浜松来たいってよ」
今回は政治の世界の裏側の戦いについて描かれます。信長は甲斐からの戻り道の中で駿河や遠江を観光したいと言いだし、家康はその対応に追われます。しかしこれは後に信長の領内の見回りと状況確認であったことが分かるのですが、おそらくこの時家康を含めた家臣達はそのことに気がついている人はほとんど居なかったのではないでしょうか。 対面した家康に対して信長はしばらくじっとにらんだまま何のリアクションもありませんでした。このあたりは海老蔵さんの演技によるものなのかなとは思ったのですが、なにを考えているのか分からない... ...続きを見る
あしたまにあーな
2017/12/03 22:17
【おんな城主 直虎】第48回「信長、浜松来たいってよ」 感想
井伊直虎(いい なおとら)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての遠江井伊谷(現・静岡県浜松市北区辺)の領主であり女地頭であったとい…虎】第48回 … ...続きを見る
ドラマ@見とり八段
2017/12/04 05:15
おんな城主 直虎 第48回「信長、浜松来たいってよ」
大河ドラマ『おんな城主直虎』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第四十八回「信長、浜松来たいってよ」 あらすじ・・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/12/04 16:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ「おんな城主直虎」 #48 信長、浜松来たいってよ 雨ニモマケズ 風ニモマケズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる