「硫黄島からの手紙」を観た

画像太平洋戦争末期、
硫黄島を舞台に、
激しい戦闘が繰り広げられた。
クリント・イーストウッド監督による「硫黄島二部作」の二作目。

「父親たちの星条旗」を観た

5日間で終わる。
アメリカ軍の楽観的予想を裏切り、
1ヶ月以上も戦い抜いた男たちの話です。


実際の硫黄島では、
戦いの1年以上も前から戦いに備えた準備が行われていました。

硫黄島はサイパンと日本本土のちょうど中間点にあります。
サイパンから日本本土を空爆しようとすると、
燃料の関係で本土についてすぐに帰らないといけなくなってしまいます。
本土上空に滞在できる時間はたったの10分。
そこで、ちょうど中間点にあり、
さらに飛行場施設の整った硫黄島を奪うことはアメリカ軍にとって必須の課題でした。

そうはいっても東京23区程度の広さしかない島。
島にある擂鉢山を占拠すればあっという間に島自体が陥落する。

それは日米ともに考えていたことでした。

しかし、着任した栗林中将は周囲の意見をよそに、
当時の常識からは考えられない作戦を取ります。

1 海岸線は放棄する。
   当時水際でいかに敵を防ぐかがかだいになっていました。
   しかし、防ぎきれないのは事実。
   そこで無駄に兵力を失わないほうがよい。と判断しました。
2 洞窟を掘りゲリラ戦を行う。
   敵をおびき寄せてから、洞窟内からの一斉射撃。
   それにより、敵はどこから撃ってくるのかわからないという不安を抱きます。
3 玉砕の禁止。
   無駄に兵力を減らさない。
   そのためにはあきらめず最期まで戦う必要がある。

などなど・・・。
当時の日本軍の常識からは大きく外れていたこともあり、
内部でも反発がとても大きかったようです。

しかし、結果は太平洋戦争史上最大の激戦、
唯一アメリカ軍の死傷者が日本軍のそれを上回った戦場となりました。


「父親たちの星条旗」と比べ、
硫黄島での出来事がほとんど。
しかもほぼ全編が日本語での映画だったので、
日本映画かと錯覚を覚えました。
エンドロールで横文字のアルファベットが並んだときに、
「あぁ、ハリウッド映画だったんだ・・・」
と思い出したほど。


戦闘シーンは前作に比べてしっかり、かつ凄惨な描かれ方をしていました。
戦闘から5日後の擂鉢山の陥落時に山頂に立てられた星条旗。
それを見ながら栗林中将は更なる作戦を考えていきます。

勇敢に戦って、勇敢に死んでいった兵士たち。
その生き様がよく表れていた気がします。


栗林忠道

栗林中将の最期の言葉

「ここはまだ日本か・・・」
「はい、日本であります。」

祖国を愛し、祖国で死ねることに対して誇り思い
発したセリフだと思います。

画像



 ←一番上の写真は栗林中将。

この記事へのコメント

2006年12月17日 12:47
これは「日本映画」ですよね。
クリント・イーストウッド監督の視点は、日本人の監督に比べて器(うつわ)が大きいなぁと思いました。
2006年12月17日 16:23
こんにちは♪
栗林中将をことさらヒーローとせず淡々とあの戦いについて描いたこと、日本人ならすぐに美談にしてしまいそうな部分を無くしたことなど、外国人監督ならではのスタンスが良かったな~と思います。
2006年12月17日 19:59
>みはいる・Bさん
日本人だともっと違う描き方をしたんでしょうねぇ。
栗林中将にもっとスポットを当てていたりするのかなぁ。

>ミチさん
まさにそうですね。
そう思います。
2006年12月24日 00:11
TBどうもです。
戦闘シーンの迫力といい、視点を固定しない描かれ方といい、
日本映画にはありえない、よい意味でハリウッド作品だったと思います。

2006年12月25日 22:01
お互いのいいところが描かれたというところですかねぇ。
2006年12月28日 14:59
こんにちは。
日本人が作っていたら、もっと説教臭く精神論が盛り込まれていたように思います。そういう意味でイーストウッド監督の冷静な描き方は、日本映画の長所が生かされ、欠点が省かれていて、観るものを素直に感動させる力があったように思いました。
TBありがとうございました。
2006年12月28日 18:29
そうですね。
日本人が描いたら「軍国主義」的要素がもっと強調されたでしょうね。
そう思います。
2006年12月29日 22:16
初めまして。こんばんは♪
TBさせていただきました。
『硫黄島からの手紙』は、観ていて、すごく辛かったです。
『父親たちの星条旗』は見逃してしまったので…卒論が終わったら、DVDをかりて、観てみます☆
2006年12月29日 22:19
父親たちの星条旗と比べると戦場シーンが多かった分、
悲惨さが増していたような気がします。
2006年12月29日 22:20
初めまして。こんばんは♪
TBさせていただきました。
『硫黄島からの手紙』は、観ていて、すごく辛かったです。
『父親たちの星条旗』は見逃してしまったので…卒論が終わったら、DVDをかりて、観てみます☆
でも、本当に戦争って…繰り返してはいけないんだと、実感しました。
2006年12月29日 22:28
本とそうです。
日本人が戦争をしなければいいという問題でもないですよね。
世界から戦争が消えてなくなる日は来るのでしょうか。
2006年12月30日 22:58
TBありがとうございました!
年末なのでゆっくりコメント出来なくてスミマセン。
また宜しくお願いいたします。
2006年12月30日 23:08
こんばんは。
TBありがとうございました。

海外制作ながら、日本人の思いが詰まった映画でしたね。
『硫黄島』二部作は戦争に対するイーストウッド監督の
思いに胸を打たれました。
戦争を繰り返してはいけない、心からそう思います。
2006年12月30日 23:08
こちらこそ。
よろしくお願いします。
2006年12月30日 23:12
ほんとうにそうですよね。
戦争を繰り返しても何も生まれてこない。
どうしてその失敗を繰り返してしまうんでしょう・・・。

この記事へのトラックバック

  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 見てきました~。 久々のキャナルシティでした。 てか。。。すごく多くて(ノ゚�゚)ノびっくり!! デスノートのときは本当にすごかったけど。。。空席が無い! 今日はあちこち空いているものの、うさぎ.. Weblog: ちわわぱらだいす racked: 2006-12-17 12:29
  • 『硫黄島からの手紙』 (初鑑賞121本目・劇場)

    Excerpt: ☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 12月9日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8 にて 14:10 の回を鑑賞。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2006-12-17 12:43
  • 映画「硫黄島からの手紙」

    Excerpt: 映画館にて「硫黄島からの手紙」 クリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作第二弾は日本側の視点から描いた作品。 1944年6月硫黄島に着任した栗林忠道陸軍中将(渡辺謙)は.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2006-12-17 16:20
  • 「硫黄島からの手紙」

    Excerpt:             WARNER BROS.PICTURES/DREAM W Weblog: ルビーとダイヤモンド racked: 2006-12-17 19:14
  • 『硫黄島からの手紙』

    Excerpt: 監督:クリント・イーストウッド 製作スティーブン・スピルバーグ CAST:渡辺謙、二宮和也 他 STORY:1944年6月。アメリカ留学経験のある栗林中将(渡辺謙)が硫黄島に着任する。既に壊滅的.. Weblog: Sweet* Days racked: 2006-12-17 20:19
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 十分な兵力も武器も弾薬も食料も水も持たず、過酷な戦いを強いられる日本兵から見た硫黄島の戦いが描かれています。先に公開されている「父親たちの星条旗」 と合わせて「硫黄島二部作」となっています。 .. Weblog: 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~ racked: 2006-12-17 20:53
  • 「硫黄島からの手紙」見てきました。

    Excerpt:  この映画のおかげで「硫黄島に行くにはどうすればよいのか?」という問い合わせが今までは月に1回くらだったのが、今では1日に何回も問い合わせがあるようになってしまったと新聞に載っていました。と言うわけで.. Weblog: よしなしごと racked: 2006-12-17 21:22
  • ■週末の学び12/8「硫黄島からの手紙」★しばしトップ固定

    Excerpt: ※しばしトップ固定 最新記事はひとつ下より ↓↓ ※ホンダラさん!さっそく補足ありがとうございます!   私が演じたのは、ひとりのパン屋です。この作品を見てから、今もたくさんのこと.. Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! racked: 2006-12-17 23:02
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 余は常に諸氏の先頭にある。 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2006-12-18 00:31
  • 「硫黄島からの手紙」重厚で良かったです!

    Excerpt: 「硫黄島からの手紙」見て来ました。泣かせましょうとか、盛り上げましょうとか、そういうのが一切無くて、わざとらしい部分も無く、全編モノクロっぽい映像の、とても重厚に作られた映画。アメリカ映画なのに、セリ.. Weblog: ポコアポコヤ 映画倉庫 racked: 2006-12-18 08:16
  • 『硫黄島からの手紙』

    Excerpt: イーストウッド様、手紙、確かに受け取りました・・・ クリント・イーストウッドが世界に贈るヒューマンドラマ硫黄島2部作の第二部! (第一部は『父親たちの星条旗』感想はコチラ) 一般公開初日に鑑賞して.. Weblog: Brilliant Days racked: 2006-12-18 09:06
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 観賞後に胸を満たすのは,反戦の強い思い,ただひとつ。 Weblog: Akira's VOICE racked: 2006-12-18 10:09
  • ◆硫黄島-Iwa Jima

    Excerpt: 世界で忘れてはいけない島がある ******硫黄島****** Weblog: ロハス(LOHAS)咲く。 racked: 2006-12-18 11:47
  • 硫黄島からの手紙 2006-70

    Excerpt: 「硫黄島からの手紙」を観てきました~♪ 太平洋戦争末期、栗林中将(渡辺謙)は、本土防衛の最後の砦、硫黄島に降り立つ。栗林中将は、着任早々それまで進められていた作戦を大幅に変え、兵隊たちへの待遇も.. Weblog: 観たよ~ん~ racked: 2006-12-22 21:07
  • 今、硫黄島が熱い! 2

    Excerpt: 反日俳優とウワサされたクリント・イーストウッド監督による南京大虐殺の映画が作られるという事で w ・・・(中略 w )・・・、日本公開初日の今日、「硫黄島からの手紙」を見に行きました。 .. Weblog: 諸葛川 racked: 2006-12-23 23:58
  • 「硫黄島からの手紙」みた。

    Excerpt: 「これはアメリカ映画だよな。」エンディングで改めて思った。『父親たち星条旗』に続き、硫黄島2部作”日本から見た硫黄島”編だということだったけれど、どうもこれも”アメリカから日本を見た硫黄島”という気.. Weblog: たいむのひとりごと racked: 2006-12-24 00:06
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 公開前からアカデミー賞の呼び声が高かったクリント・イーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」。「父親たちの星条旗」に続く2部作第2弾として、日本から見た硫黄島を描いています。いまや世界的な俳優になっ.. Weblog: ニュースをよむ! racked: 2006-12-25 20:48
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt:  この作品を観てつくづく感じさせられたことは、自分はクリント・イーストウッドのよき観客にはとうてい成り得ないことでした。  この名優にして老 Weblog: シネクリシェ racked: 2006-12-26 03:15
  • 「硫黄島からの手紙」試写会レビュー 私は日本人

    Excerpt: クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。 Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ racked: 2006-12-27 12:21
  • 『硫黄島からの手紙』鑑賞!

    Excerpt: 『硫黄島からの手紙』鑑賞レビュー! 世界が忘れてはいけない島がある 硫黄島を知っていますか? 東京都小笠原村硫黄島―― グアムと東京のほぼ真ん中 日本の最南端に近い.. Weblog: ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! racked: 2006-12-27 13:31
  • 硫黄島からの手紙★LETTERS FROM IWOJIMA

    Excerpt:  クリント・イーストウッド監督、硫黄島2部作『硫黄島からの手紙』を観てきました。平日の夕方にも関わらず、多くのお客さんでした。1作目『父親たちの星条旗』はアメリカから見た硫黄島、今回は日本から見た硫黄.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2006-12-27 13:55
  • 硫黄島からの手紙/渡辺謙、二宮和也

    Excerpt: 劇場スタッフの方いわく「こんなに混むのは久しぶり」という賑わいです。どうもこの作品と「NANA2」「デジモン」そして先週末から公開されてる「武士の一分 」「007 カジノ・ロワイヤル」あたりの観客動員.. Weblog: カノンな日々 racked: 2006-12-27 15:38
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち____ Weblog: Enjoy Life♪ racked: 2006-12-27 16:04
  • 硫黄島からの手紙 Letters From IWO Jima

    Excerpt: 渡辺 謙、二宮和也、伊原剛志主演 2005年、硫黄島発掘調査団は洞窟の中から多くの手紙を見つける その中には 60年前に硫黄島を連合軍から死守しようする 日本軍の兵士達が本土の家族に託した .. Weblog: travelyuu とらべるゆう MOVIE racked: 2006-12-27 16:13
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: よせては返す波のように、、、戦争の話は続く。 とうとう観てきました! 硫黄島2部作日本から観た硫黄島を描く「硫黄島からの手紙」 これは全編日本語であり、出演者もほとんどが日本人であり.. Weblog: 愛情いっぱい!家族ブロ! racked: 2006-12-27 16:36
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 世界が忘れてはいけない島がある。61年前、日米両軍は硫黄島で戦いました。 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・.. Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2006-12-27 18:00
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 『LETTERS FROM IWO JIMA』公開:2006/12/09(12/10鑑賞)製作国:アメリカ監督:クリント・イーストウッド製作:クリント・イーストウッド、スティーヴン・スピルバーグ、ロバ.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2006-12-27 18:52
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 「父親たちの星条旗」で、主人公たちは戦場で死んでいった者たちの存在を感じながら、戦後を生きている。硫黄島で死んでいった者たちの声はもう届かないし、誰も耳を傾けようとはしない。そのことに彼らは傷つき、戦.. Weblog: Kinetic Vision racked: 2006-12-27 20:31
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 戦争とは、「国と国との白黒」の決着をつけるものであり、その唯一のルールは、生身の人間の「命のやりとり」、相手を一人でも多く殺すこと。 戦争の恐ろしさを十分に思い知らさ Weblog: skywave blog racked: 2006-12-27 21:19
  • 「硫黄島からの手紙」祖国の為知略を尽して守り抜いた指揮官と2万の守兵

    Excerpt: 「硫黄島からの手紙」は「父親たちの星条旗」の日本側から描かれた作品で、1945年2月に硫黄島を舞台にした太平洋戦争の激戦を舞台にした映画である。今回は日本側からみた硫黄島という事で守る側の心理と難しさ.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2006-12-27 21:29
  • 硫黄島からの手紙/Letters From IWO Jima

    Excerpt: 米国人であるクリントイーストウッド監督が 『父親たちの星条旗』と対にして、硫黄島の戦いを日米双方から描いた第二弾。         世界に先がけての日本公開。 先に観た『父親たちの星条旗』の方は良か.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2006-12-27 21:46
  • 「硫黄島からの手紙」

    Excerpt: クリント・イーストウッド監督が手掛けた”硫黄島2部作”。先に公開された「父親たちの星条旗」*1の出来が素晴らしかった為、9日から公開となった「硫黄島からの手紙」を早速観て来た。 1945年2月16日.. Weblog: ば○こう○ちの納得いかないコーナー racked: 2006-12-27 22:10
  • 「硫黄島からの手紙」:麻布台バス停付近の会話

    Excerpt: {/kaeru_en4/}麻布台にあるアメリカンクラブって何の施設だ? {/hiyo_en2/}Welcome to Tokyo American Club. Learn about Japanes.. Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】 racked: 2006-12-27 22:24
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt:  この映画・・・なんて受け取ればよいのでしょうか?イーストウッドがとる必要があ Weblog: eclipse的な独り言 racked: 2006-12-27 22:57
  • 日本は硫黄島で米国に2回負けた~「硫黄島からの手紙」

    Excerpt:  一部の軍事マニア、元軍人を除いて、どれだけの日本人が硫黄島での激戦に思いをはせてきただろうか。東京都に属するこの島の位置すら、僕らは指し示すことができない。クリント・イーストウッド監督(76歳!)の.. Weblog: 万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記 racked: 2006-12-27 23:03
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 『父親たちの星条旗』のエンドロール後に流れた予告編で大泣きしてしまった『硫黄島からの手紙』 絶対ロードショー当日に観たくて、社員旅行先で宴会の2次会を抜け出して観てきました。 ★★★★★ 今年、★の.. Weblog: そーれりぽーと racked: 2006-12-27 23:08
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt:           公式サイトはこちら。     評価:★4点(満点10点) 2006年 141min .. Weblog: Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) racked: 2006-12-28 00:57
  • 硫黄島からの手紙(評価:☆)

    Excerpt: 【監督】クリント・イーストウッド 【出演】渡辺謙/二宮和也/伊原剛志/加瀬亮/裕木奈江/中村獅童 【公開日】2006/12.9 【製作】アメリカ 【ストーリー】 1944年6月。陸軍.. Weblog: シネマをぶった斬りっ!! racked: 2006-12-28 01:07
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 「硫黄島からの手紙」 2006年 米 ★★★☆☆ ご存知、「父親達の星条旗」と対になっている日本側から観た「硫黄島」 での攻防戦を描く第2弾。 戦後60年・・・今から20.. Weblog: とんとん亭 racked: 2006-12-28 01:09
  • 【硫黄島からの手紙】命の重さを考える

    Excerpt: 記事が遅くなりましたが、12月13日。公開して最初のレディスディに行ってきました。『父親たちの星条旗』は、見ていません。硫黄島と言う島も、この島でこんな戦争があった事も、まるで知りませんでした。この映.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2006-12-28 01:24
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: Letters from Iwo Jima(2006/アメリカ) 【劇場公開】 監督/製作:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙/二宮和也/伊原剛志/加瀬亮/中村獅童/裕木奈江 硫黄島プロ.. Weblog: 小部屋日記 racked: 2006-12-28 09:00
  • 劇場鑑賞「硫黄島からの手紙」

    Excerpt: 「硫黄島からの手紙」を鑑賞してきました日米双方で約3万人もの戦死者を出した硫黄島戦を、日米双方の視点から描いたクリント・イーストウッド監督による硫黄島プロジェクト第2弾。圧倒的不利な局面にありながら、.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2006-12-28 11:24
  • 硫黄島からの手紙(2006) LETTERS FROM IWO JIMA 141分

    Excerpt:  日本唯一のオリンピック馬術でのメダリスト・・・しかも金メダリスト「バロン西」こと西竹一中佐も硫黄島で・・・ Weblog: 極私的映画論+α racked: 2006-12-28 12:31
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 硫黄島からの手紙 12月9日(土)@ユナイテッドシネマ豊洲 監督・音楽:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、他 日米双方の視点から.. Weblog: シュフのきまぐれシネマ racked: 2006-12-28 12:48
  • (今日の映画)硫黄島からの手紙

    Excerpt: 硫黄島からの手紙 (2006/米) Letters from Iwo Jima Weblog: Kozmic Blues by TM racked: 2006-12-28 13:50
  • 感想/硫黄島からの手紙(試写)

    Excerpt: イーストウッド監督作、衝撃の二部作後編『硫黄島からの手紙』12月9日公開。日本側の視点で描かれた硫黄島は、熾烈極まる戦いとそこで散っていった兵士たちの物語。あらゆる意味で歴史的作品。 父親たちの星条.. Weblog: APRIL FOOLS racked: 2006-12-28 14:09
  • 脳天がズキズキ痛む程、泣きじゃくった。。。

    Excerpt: クリント・イーストウッド監督作品、硫黄島2部作の第2弾、“硫黄島からの手紙”。 第1弾は先日試写会で鑑賞したのですが、どーしても日本版が観たかったので映画館へ行ってきました。 (公式サイ.. Weblog: YOU-kiss racked: 2006-12-28 14:52
  • それぞれの硫黄島。

    Excerpt: 『硫黄島からの手紙』(2006年・アメリカ/141分)ワールドプレミア試写会にて鑑賞。11月15日(水)19:00於:日本武道館(公式サイト)プレミアでの鑑賞から日が経ちましたが公開も明日に迫ったので.. Weblog: ひょうたんからこま racked: 2006-12-28 14:53
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: (札幌シネマフロンティアにて) 2部構成の本作は「父親たちの星条旗」と合わせてひとつとすると、いっそう稀有な輝きが増してきますね。でもなんか日本兵の描き方に微妙な違和感を覚えてしまうの。 「硫黄島から.. Weblog: シネマでキッチュ racked: 2006-12-28 15:51
  • 『硫黄島からの手紙』 ワールドプレミア試写会鑑賞

    Excerpt: 太平洋戦争最大の激戦地、硫黄島。緻密な防御戦術で米軍を恐怖に陥れた栗林忠道中将は、家族へ愛情あふれる手紙を送り続けた。硫黄島。米国にとっては日本本土空襲の拠点。日本にとっての本土防衛の拠点。陸上戦力、.. Weblog: 映画な日々。読書な日々。 racked: 2006-12-28 16:09
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 2006年、今年の映画初めは「男たちの大和」を見たのだった。その時に書いた私の言葉を思い出した。 「今年始めに男たちの哀しき美学に泣いた」 ここで登場する人物達は、兵士としての美学を全うするか、当時.. Weblog: シャーロットの涙 racked: 2006-12-28 20:52
  • 「硫黄島からの手紙」 アメリカ人も日本人も、同じ人間

    Excerpt: イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作の二作目です。 「父親 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2006-12-29 00:21
  • ★「硫黄島からの手紙」

    Excerpt: クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二本目。 日本側から見た戦争のお話。 戦争映画苦手なひらりんとしては、 覚悟してみなくちゃいけません・・・。 Weblog: ひらりん的映画ブログ racked: 2006-12-29 00:56
  • 映画「硫黄島からの手紙」

    Excerpt: 原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima) 硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2006-12-29 01:03
  • 『硫黄島からの手紙』 ★★★

    Excerpt: 公開初日の『硫黄島からの手紙』を鑑賞。 日本から見た硫黄島を描いた『硫黄島からの手紙』はすっと入り込んでくる。 硫黄島の薄暗い洞窟の中で「天皇陛下、万歳!」と叫ぶ日本兵の姿をみて最初は強い違和感を覚え.. Weblog: 時流を聴く racked: 2006-12-29 08:55
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 「硫黄島からの手紙」を鑑賞。 Weblog: ☆★けせらせら映画ブログ☆★ racked: 2006-12-29 10:55
  • Letters From Iwo Jima(2006,U.S.)

    Excerpt: 映画DEデートの予定だったけど,あちらさんの仕事の関係で私一人で鑑賞してまいりました。・・・一作目「父親たちの星条旗」を観たときからある程度覚悟はしていたけれど,やっぱり一人で観てよかった。これ,誰か.. Weblog: The Final Frontier racked: 2006-12-29 12:25
  • 「硫黄島からの手紙」  Letters from Iwo Jima

    Excerpt: 「私が観て育った戦争映画の多くは、どちらかが正義で、どちらかが悪だと描いていました。しかし、人生も戦争も、そういうものではないのです。私の2本の映画も勝ち負けを描いたものではありません。戦争が人間に与.. Weblog: 俺の明日はどっちだ racked: 2006-12-29 18:11
  • 硫黄島からの手紙(アメリカ)

    Excerpt: 日本から見た硫黄島。 二宮君の演技がいいらしいということもあってかなり気になっていた 「硫黄島からの手紙」を観てきました! ( → 公式HP  ) 出演:渡辺謙 、二.. Weblog: 映画でココロの筋トレ racked: 2006-12-29 19:23
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 日米双方の視点から描く2部作で、  [父親達の星条旗]に続く第2弾目。  今回は日本軍からの視点で描いた硫黄島の真実。  第1弾の「父親たちの星条旗」と同様、  戦闘シーン、爆撃シーンは、迫.. Weblog: 花ごよみ racked: 2006-12-29 21:18
  • 硫黄島からの手紙 / 映画

    Excerpt: 昨夜『硫黄島からの手紙』を観て来ました♪ STORY: 1945年2月19日、アメリカ軍の上陸とともに始まった硫黄島戦。アメリカ側が5日で終わると考えた戦いを、36日間守り抜いた日本の男たちがいた。司.. Weblog: あかねのたわごと☆本日記 racked: 2006-12-29 21:20
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 《硫黄島からの手紙》   2006年 アメリカ映画 - 原題 - LETTER Weblog: Diarydiary! racked: 2006-12-29 22:39
  • 鬼畜米英などいない 「硫黄島からの手紙」

    Excerpt: 評価:85点 Weblog: 平気の平左 racked: 2006-12-29 22:47
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 2006/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺 謙(栗林忠道中将)    二宮和也(西郷)    伊原剛志(バロン西)    加瀬 亮(清水)    中村獅童(伊藤中尉) .. Weblog: Lovely Cinema racked: 2006-12-29 23:05
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: DEPOTのおすすめ度:★★★★★ 公開日:2006年12月9日 配給:ワーナー・ブラザース 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙,二宮和也,伊原剛志 鑑賞日:2006年12月11日.. Weblog: CINEMA DEPOT's BLOG racked: 2006-12-29 23:43
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 141分 監督 クリント・イーストウッド 製作総指揮 ポール・ハギス 原作 - 脚本 アイリス・ヤマシタ 音楽 ク.. Weblog: タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 racked: 2006-12-29 23:43
  • 「 硫黄島からの手紙 / Letters From Iwo Jima (2006) 」

    Excerpt: 監督 ・ 製作 : クリ.. Weblog: MoonDreamWorks★Fc2 racked: 2006-12-30 00:30
  • 映画 「硫黄島からの手紙」

    Excerpt: 映画 「硫黄島からの手紙」 を観ました。 Weblog: ようこそMr.G racked: 2006-12-30 00:43
  • 硫黄島からの手紙 (Letters From Iwo Jima)

    Excerpt: 監督 クリント・イーストウッド 主演 渡辺謙 2006年 アメリカ映画 141分 戦争 採点★★★ 仕事や日常生活を送る中で常に感じることなのだが、ほんの少し立ち位置を変えるだけでも、物事が大きく違.. Weblog: Subterranean サブタレイニアン racked: 2006-12-30 01:50
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: この前、テレビ放送された「硫黄島~戦場の郵便配達~」は女性から見た戦争、そして家族。そして映画「硫黄島からの手紙」は男性から見た戦争、そして家族。両方を見たらそんな風に思いました。 Weblog: 頑張る!独身女!! racked: 2006-12-30 11:17
  • 硫黄島からの手紙(映画館)

    Excerpt: アメリカのきもち、日本のきもち、同じきもち―――。 Weblog: ひるめし。 racked: 2006-12-30 11:18
  • 硫黄島からの手紙 (映画館篇)

    Excerpt: 硫黄島からの手紙 (監督 クリント・イーストウッド、出演 渡辺謙、二宮和也) 原題: Letters from Iwo Jima (2006) 2006年12月9日 日本初公開 公式サイト:.. Weblog: 映画と本と音楽にあふれた英語塾 racked: 2006-12-30 15:16
  • 散るぞ、悲しき 『硫黄島からの手紙』

    Excerpt: クリント・イーストウッド監督が日米それぞれの視点から太平洋戦争・硫黄島決戦を描く硫黄島二部作の二作目である『硫黄島からの手紙』を観てきました。 前作『父親たちの星条旗』が斬新な切り口で戦争を描いたヒュ.. Weblog: トミーのエンタメ日記 racked: 2006-12-30 22:39
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 『硫黄島からの手紙』 ---LETTERS FROM IWO JIMA --- 2006年(アメリカ) 監督:クリント・イーストウッド 出演: 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、中村獅童 「父親.. Weblog: こんな映画見ました~ racked: 2006-12-30 22:53
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: これは日本映画でしょうか、アメリカ映画でしょうか? クリント・イーストウッド監督は、これを「日本映画」だと仰っている。 ならば、私の今年の日本映画ナンバー1です!!! イース.. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2006-12-31 16:05
  • 硫黄島からの手紙(06・米)

    Excerpt: 自分が日本人だからかもしれないが、2部作の方の1作目、「父親たちの星条旗」の方が辛辣だ、という第一印象だった。 美化している・・・とまでは言わないが、硫黄島からの指揮官となって赴任した栗林中将(.. Weblog: no movie no life racked: 2006-12-31 21:08
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 私は戦争映画が苦手で、今まできちんと観た事がない。残念ながら『父親たちの星条旗』も未見だが、これは是非とも観たいと思い劇場へと足を運んだ。【story】1945年2月19日。米軍の上陸とともに始まった.. Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★ racked: 2007-01-01 10:57
  • 戦場報道@硫黄島からの手紙

    Excerpt: 露骨に『父親たちの星条旗』のラストショットから始まる映画である。 前作のレビューでも書いたが、この二部作の視座は戦時中ではなく、現代にある。 Weblog: 憔悴報告 racked: 2007-01-01 13:53
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 予告通り,元旦から映画の日ということで映画館へ。気になっていた「硫黄島からの手紙」鑑賞。-Story-太平洋戦争の末期、硫黄島では日米の戦闘が開始されようとしていた。その頃、新しい指揮官、栗林忠道が降.. Weblog: たーくん'sシネマカフェ racked: 2007-01-02 15:41
  • ひとつの戦争の中で起きていた、様々な出来事。『硫黄島からの手紙』

    Excerpt: 第二次世界大戦時の硫黄島での戦いを日本側の目線で描いた作品です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2007-01-03 09:30
  • 【劇場映画】 硫黄島からの手紙

    Excerpt: ≪ストーリー≫ 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦であ.. Weblog: ナマケモノの穴 racked: 2007-01-03 10:16
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: {amazon}  「父親たちの星条旗」を観る前に、「硫黄島からの手紙」を 観た。「父親~」は近いうち観ると思うので、総括はまた その映画鑑賞後書きたいと思う。  国家が敵・味方を分けるが.. Weblog: 悩み事解決コラム racked: 2007-01-04 15:11
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 硫黄島2部作の第2弾 アメリカ側の視点から描かれた「父親たちの星条旗」に 対し、 Weblog: いろいろと racked: 2007-01-04 21:17
  • 硫黄島

    Excerpt: いやー。 映画見るくらいしかする事もなく、 前から見たかった硫黄島を見て参りました。 Weblog: All by Myself(愛すべき全ての人へ) racked: 2007-01-05 00:03
  • 映画:硫黄島からの手紙

    Excerpt: 硫黄島からの手紙@シネマイクスピアリ 「自分が正しいと信じたことをしろ」 今年の【邦画】No.1 !!!と思ってしまった・・・(全編日本語のため各映画賞でもどの部門に該当するのかばらばらし.. Weblog: 駒吉の日記 racked: 2007-01-05 16:20
  • 硫黄島の星条旗

    Excerpt: こんにちは【マミー】です^^ 『硫黄島の星条旗』 著者の父親の生き様にかつての日本人を感じるのはなぜか・・・日本降伏は原爆によって引導をわたされたことになっているが、実態としてはそれ以前に南方での制空.. Weblog: 家計と暮しの極意【家計と暮しを普通の主婦が極める方法】 racked: 2007-01-12 22:47
  • 硫黄島からの手紙-(映画:2007年7本目)-

    Excerpt: 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、松崎悠希、中村獅童 評価:72点 公式サイト (ネタバレあります) 何が.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2007-01-20 00:38
  • 「硫黄島からの手紙」 世界でシェアすべき作品  

    Excerpt: 公開中の映画「硫黄島からの手紙」を観賞。監督・製作:クリント・イーストウッド。製作:スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ロレンツ、製作総指揮・共同原案:ポール・ハギス。脚本:アイリス・ヤマシタ。出演.. Weblog: やまたくの音吐朗々Diary racked: 2007-01-21 06:43
  • 渡辺謙さんと急性骨髄性白血病と硫黄島からの手紙

    Excerpt: 渡辺謙さんと急性骨髄性白血病と硫黄島からの手紙渡辺謙(わたなべ けん、1959年10月21日 - )は、新潟県北魚沼郡小出町(現、魚沼市)出身の日本の俳優。演劇集団 円を経て2002年より渡辺謙はケイ.. Weblog: 大腸がん手術・今は元気で稼ぐ! racked: 2007-01-25 16:25
  • 映画vol.97 『硫黄島からの手紙』*謙さん来場

    Excerpt:  『硫黄島からの手紙』※舞台挨拶付試写会 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙 伊原剛志 二宮和也 加瀬亮 公式サイト ◇渡辺謙さん・伊.. Weblog: Cold in Summer racked: 2007-01-26 14:25
  • 映画「硫黄島からの手紙」

    Excerpt: だいぶ遅くなり、話の鮮度としては落ちているのですが、一応。 Weblog: 今日感 racked: 2007-02-05 14:10
  • 『硫黄島からの手紙』’06・米

    Excerpt: あらすじ戦況が悪化の一途をたどる1944年6月アメリカ留学の経験を持ち、西洋の軍事力も知り尽くしている陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙)が本土防衛の最後の砦ともいうべき硫黄島へ。指揮官に着任した彼は、長年の.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2007-02-12 00:51
  • 硫黄島からの手紙

    Excerpt: 硫黄島はグアム・サイパンと東京の中間に位置しています。 この場所を占領されると長距離爆撃機B29の拠点になります。 本土防衛の要衝だったため、死守しなければなりませんでした。 Weblog: 娯楽の殿堂 racked: 2007-02-14 22:49
  • 『硫黄島からの手紙』

    Excerpt: 世界が忘れてはいけない島がある   ■監督 クリント・イーストウッド■脚本 アイリス・ヤマシタ ■キャスト 渡辺 謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬 亮、中村獅童  □オフィシャルサイト  .. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2007-02-19 17:34
  • Order phentermine.

    Excerpt: Phentermine diet pills. Online phentermine. Phentermine cod. Weblog: Cheap phentermine. racked: 2008-04-07 15:27
  • Free lesbian sex videos.

    Excerpt: Free lesbian sex videos. Weblog: Free lesbian sex videos. racked: 2008-04-14 07:33
  • 【映画】硫黄島からの手紙…外国人に作れて何故日本人には作れないの!?

    Excerpt: この記事のサブタイトルは「父親たちの星条旗」の記事の続きという意味で“…俄かイーストウッドファンなピロEK(その2)”とするはずでしたが、他に思い浮かんだのでやめました(で、上記タイトルに変更){/a.. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2009-11-19 14:20