大河ドラマ 「功名が辻」 功名の果て

土佐の弾圧。
その後の政治はどうなるのでしょう。

これが「上がり」でございますか?
人生は双六ではない。
だんな様には土佐を任せられる器量ではありませぬ・・・。

画像


千代の中には一豊に対しての不信が大きくなっています。
拾を呼び寄せてまで「暇」を撮ろうとしています。

画像


家康対黒田如水。
家康が一番警戒しているのは如水ですね。
実際関が原が一日ですまなかったら天下は黒田に?
それとも伊達に??
それくらいグラグラする細い橋をわたっているわけですね、家康は。

画像


一豊が倒れました。
ってだましていたのね。
「戻ってきて欲しいから」
名演技ですねぇ、一豊。
実際情勢を一豊はどこまで見通していたんでしょうか。

慈悲深い政・・・。
しかし、傷は幕末まで残ってしまいます。


家康の将軍就任を高台院は喜んでいます。
反面、淀は怒っています。
この辺に情勢の見通しの違いが後にはっきりしてきます。
福島正則も見通しが甘かったですねぇ。


画像


一豊、ほんとに倒れる!!


 ←いよいよ最終回。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年12月03日 20:57
こんばんは~。
本気になった一豊様の言い訳、説得力がございましたねえ。
戦のない世を実現するためには流血も厭わず、それもまた歴史の真実なんでしょうけど。
それがまた遺恨の種になって・・・しんどいですわね。
2006年12月03日 21:20
こんばんは!
一豊の倒れ方に感動しました。
実際頭打ってるけど大丈夫でしょうか。
2006年12月03日 22:02
幕末まで傷は残るのですね・・・
政って、難しい・・・
さくらこ
2006年12月04日 13:21
こんにちは!
一豊の最後の倒れ方はちょっと心配ですね。
一豊じゃなくて上川さんが・・・。
凄い、役者魂さえ感じました。
2006年12月04日 16:31
>真田さん
ほんとですよねぇ。
これが幕末まで残ってしまうのですから・・・。

>ぱるぷんて海の家さん
痛そうです。
役者魂ですね。

>ヒロ子さん
これがきっかけになって坂本龍馬が表れるんですからねぇ。

>さくらこさん
ほんと、そうですよね。
さすが。ですね。
2006年12月04日 17:24
こんにちは!
いつもTBでお世話になっております。
とうとうラストワンですね。一豊の昏倒シーンが凄かったです。
こちらで動画で見られてさらにびっくり。
作為は無いようですね・・どうでしょうか?
怪我しなかったのかと心配になります。

*申し訳ありません、間違ったTBを削除願います。
2006年12月04日 19:12
こんにちは♪
いつのまにかいなくなっていたように見えた官兵衛ですが、いろいろ策略は考えていたんですね。
しかも家康の前で大の字になっちゃうなんて・・・。
タヌキ対タヌキでした。
一豊昏倒の動画を拝見してビビッています。
2006年12月04日 20:24
>かりんさん
了解しました。

みなさん一豊昏倒が印象に残っているようです。
2006年12月04日 23:18
こんばんは!

いつも楽しく拝見させていただいております。

今年は一年間、本当にありがとうございました。

いよいよ最終回ですね。
最後までどうぞ宜しくお願い申し上げます。
2006年12月05日 21:00
>一豊、ほんとに倒れる
痛かっただろうな~とは思います。
が、目を開いたまま倒れられると、そのまま逝っちゃったんじゃないか!?とビビります。
2006年12月05日 22:46
>「感動創造」さん
あっという間の一年でしたねぇ。
早いです。
こちらこそよろしくです。

>くみさん
ハハハ。たしかに。
でも実際倒れたらああいう感じなのかもしれません。

この記事へのトラックバック

  • 功名が辻 第48回「功名の果て」

    Excerpt: 前回、種崎浜での出来事の後、暇をいただきたいと千代(仲間由紀恵)が言ってから さらに激しく責めたてられる一豊さん(上川隆也)でありました。 Weblog: みはいる・BのB racked: 2006-12-03 20:55
  • 大河ドラマ 功名が辻・第48回「功名の果て」

    Excerpt: 「あの策しかなかった」「だまし討ちなんて卑怯よ!」ってのっけから揉めてます山内家ご夫妻。 Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2006-12-03 20:58
  • 功名が辻(12月3日)

    Excerpt: 種崎浜事件に抗議して千代は熟年別居。それを支えるのは、湘南。 心にぽっかり穴があいた一豊は、「偽装入院?」までして、千代を呼び戻す。 Weblog: 今日感 racked: 2006-12-03 21:13
  • 功名が辻48一豊クンに真の役者魂!を見た!

    Excerpt: 先週の千代はどのブログでも不評でした。 しかし今週もその続きできつい眼でにらみ続けてます。先週のあの眼、どこかで見たことあるなぁ・・・そうだ思い出したぞアノ眼は淀殿と同じだった! 千代.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2006-12-03 21:13
  • 「功名が辻」第四十八回

    Excerpt: 今日はBShiで見ました☆フィギュアの生放送がBShiだったんでそのまま大河へ。例の如くメモ書きをしてたんですが意味不明な箇所はお許しくださりませ。先週、凄く殺伐としてて一回見たらもういいやって感じ.. Weblog: Cocktail-light  racked: 2006-12-03 21:57
  • 功名が辻:第48回「功名の果て」

    Excerpt: 千代さんの「双六のように立身出世を楽しんできた」という仰天発言で幕を開けた第48 Weblog: 食う♪読む♪歩く♪ racked: 2006-12-03 22:00
  • 功名が辻のすばらしさを語ろうの会  もう終わりかあ。。。

    Excerpt: 今日から年末にかけて多忙を極めますが、なんとか大河レビューゴールインを!!(笑)と同時に、それにあせりすぎてこれまでを振り返ることを忘れずにいなくてはね、、、。 Weblog: 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ racked: 2006-12-04 10:01
  • 「功名が辻」第48回「功名の果て」

    Excerpt: 慶長18年(1603)3月、とうとう一豊と千代は、自らの手で築き上げた河内山城に入ります。 それにしても、前回の「お暇発言」が不評だった千代、今回は挽回できるかな、と思っていたのですが、やはり気に.. Weblog: つれづれ さくら日和 racked: 2006-12-04 10:08
  • ★功名が辻48・・ここが上がり?

    Excerpt: 2006年の冬至の日、12月22日夜、8時から10時の2時間、みんなでいっせいにでんきを消してスローな夜を過ごしてみませんか。。100万人のキャンドルナイト 2006冬至功名が辻第48回「功名の果て」.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2006-12-04 10:22
  • 功名が辻 盛大な大芝居の巻

    Excerpt: テレビで大河ドラマの 『功名が辻』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)先週の終わりで千代に三行半を突きつけられてしま... Weblog: ビヨビヨ素材日記 racked: 2006-12-04 11:05
  • 本日の「功名が辻」一言感想

    Excerpt: 一豊様の倒れっぷりに惚れました。凄いな上川さん。となんとなく思った……。 それはともかく、確かに一豊様老けたし、千代も多少は化粧をそっち方向に持って行っている気はしないでもないのですが(でもたいして.. Weblog: tagebuch-zweit racked: 2006-12-04 11:29
  • 「功名が辻」第48話。

    Excerpt: 今年の大河も残り2話となりました。月日のたつのは早いものです。 第1話からずっと感想を書き続けたのだから、最終回まできっちりと… と思っていたのですが… Weblog: Creme Tangerine racked: 2006-12-04 12:21
  • 「功名が辻」第四十八回

    Excerpt: 第四十八回「功名の果て」一領具足の長たちを殺させた一豊。激しく反発した千代は浦戸城を出、京から呼び寄せた僧の湘南=かつて長浜で育てた拾、とともに吸江庵という荒れ寺で暮らし始める。一豊にとって千代のいな.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2006-12-04 12:24
  • 功名が辻~ラスト2回、功名の果て!

    Excerpt: 功名が辻ですが、いよいよラスト2回で、小題も「功名の果て」と盛り上がっています。前回、種崎浜での騙し討ちがどうしても許せない千代(仲間由紀恵)が「お暇をいただきとうございます」と出て行ってしまうわけで.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2006-12-04 14:07
  • 高知山城、完成。そして。。。~功名が辻・第48話~

    Excerpt:  前回の種崎浜の悲劇のその後から始まった、功名が辻・第48話ですが、お千代さんの一豊への不信は解消せず、結局、新一郎・六平太の葬儀を終えると、城を出て行ってしまいました。  そして、かつて『自ら.. Weblog: りっきーのブログ日記 racked: 2006-12-04 15:09
  • 功名が辻 第48話

    Excerpt: 人生はすごろくではない。 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-12-04 17:19
  • 功名が辻 第48話 見事な倒れッぷり!!

    Excerpt: 内容拾を呼び寄せた千代。そして、怒りにまかせ出ていく。だが、湘南となった拾により『寛猛自在』という言葉を知る千代。康豊たちの策で千代は城に呼び戻されるが、子に諭されたこともあり、一豊の説得に応じる。そ.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2006-12-04 18:05
  • 「功名が辻」第48回

    Excerpt: 「功名の果て」 相撲にかこつけて一領具足を惨殺したことで千代は一豊を激しく責めます。「あの策しかなかった」という一豊に、「これがアガリでございますか?双六のように立身出世を楽しんでまいりましたのに」.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2006-12-04 19:09
  • 功名が辻

    Excerpt: 第四十八回「功名の果て」 遂に土佐守だ、一豊!! Weblog: Fere libenter homines id quod volunt credunt racked: 2006-12-04 20:06
  • 功名が辻第四十八回「功名の果て」~セミファイナル!~

    Excerpt: 熟年離婚一歩手前・・・・ そしてファイナルカウントダウンです・・・ Weblog: 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! racked: 2006-12-04 23:21
  • 【功名が辻・感想レビュー】功名の果て

    Excerpt: 一領具足に対する対応の意見の不一致により、熟年離婚の危機を迎えてしまった山内夫婦!今回は、その夫婦の『それから』が描かれました。OPクレジットで六平太と新一郎のテロップがあったので、「なんだろう?」と.. Weblog: 必然的なヒストリー racked: 2006-12-05 00:14
  • 「功名が辻」第四十八回

    Excerpt: 山内夫婦、熟年離婚か!?と思いきや。なーんだ。やっぱラブラブじゃーん。と思った今週号。いやそれよりも、狐と狸の化かし合い、家康vs如水がめっちゃ楽しかったですvv嗚呼楽しい!! Weblog: リリコ雑記 racked: 2006-12-05 11:03
  • 功名が辻「功名の果て」

    Excerpt: 功名が辻「功名の果て」 さらっといきたいと思います。 「最後のあがりがこのようなむごい所業であったとは」 by 千代 「人生はすごろくではない」 by 一豊 というわけで熟年離婚の危機です。 .. Weblog: 『ならうよりなれろ!!』 racked: 2006-12-05 21:02
  • 功名が辻「功名の果て」おまけ。二代目土佐藩主は掛川生まれ。

    Excerpt: さてさて、今日、「嫁とり」で話にでてきた一豊の跡継ぎ、忠義は康豊の子です。 二代目土佐藩主・山内忠義は掛川生まれだそうです。 掛川五万石を拝領したとき、一豊は秀次の宿老だったりしたため、掛川の留守居.. Weblog: 『ならうよりなれろ!!』 racked: 2006-12-05 21:02
  • 【功名が辻】第四十八話

    Excerpt: 「これが旦那様の治世ならば、共に生きていく事はできませぬ」とか。。。「旦那さまは、国主の器ではない」とか。。。とんでもない事をたくさん言い残して、千代は出て行ってしまいました。それでも、「そんなに解ら.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2006-12-05 21:08