雨ニモマケズ 風ニモマケズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ 「龍馬伝」 #1 上士と下士

<<   作成日時 : 2010/01/03 21:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 39 / コメント 4

おととしの「篤姫」についで幕末の話です。
「坂の上の雲」はさらに時代が下っているので、
ちょうど重なる部分といったところですね。

今日は顔見世といったところ。

ちなみに今日本屋に行ったら「龍馬伝」の本が売っていました。
全4巻だそうです。
オリジナルドラマなので、かなり脚本に沿ったものになるのかなぁと思って
買ってしまいました。


画像




ということで本編です。


いきなり明治の社交界からのスタートです。
岩崎弥太郎の話から入るようです。
今年はこの岩崎が見た竜馬という流れで描くんですよね。


オープニング、なんだか北条時宗を思い起こさせる感じです。



川に落とされて泣いて家に帰る龍馬。
しっかりと兄と父に怒られてしまいます。
「侍の誇りと決して失ってはいかん。」
下士に生まれた龍馬と坂本家の苦しさでしょうか。
土佐を治める山内家の墓所を守る仕事をしている父と兄。
これも心に一物をもっての警備ですね・・・。


さらに下の身分の地下浪人の岩崎家。
武士というプライドと身分の低さが邪魔をしているようです。



龍馬に気を使う母。
体調はかなり悪いようですが、
龍馬の前ではそのそぶりを見せまいとします。


姉の乙女に剣を教わる龍馬。
この姉がこれから母代わりになるんですよね。


雨の中、上士に出会う下士の子たち。
そして、その中で龍馬は上士にぶつかってしまいます。
上士にはまったく逆らうことができない下士。
ここで手打ちになっても仕方がない・・・。
そういう身分階級の中で生きている龍馬・・・。

なんとか龍馬を助けた母。
しかし、そのまま永遠の眠りに・・・。
母の思いを強く心に留め・・・。



あれ、今日すぐに福山雅治登場?
広末は自分の故郷の言葉だから話しやすいでしょうねぇ。



おぉ、背負いながらよく跪きましたねぇ。
しかし、土佐に残っていたこの身分の差。
同じ武士でもここまで違うんですね・・・。


祝言の席で仲人だった武市。
酔いつぶれてしまったことを恥じ、
切腹しようとしています。
が、龍馬、うまく刀を取り上げます。


岩崎弥太郎、平井加尾にベタぼれなようです。
龍馬の心配をしているところを弥太郎につっこまれ、そそくさと退散する加尾。
どうやら図星だったようです。

それにしてもやっぱり広末の言葉が自然ですねぇ。



福山雅治、かっこいいですねぇ。
下士であることを悔しがるほかの侍をばったばったと倒していきます。
力はあるが、あえてそれを使わない。


「おまえは思慮ぶかそうな顔をしていて何にもかんがえちょらん。」
しっかり乙女に突っ込まれてしまいます。


上士に殺されたも同然の母を常に思う龍馬。


上士討ちにあった井上。
それを悔しがる武市道場の面々。
しかしどうにもすることが出来ない・・・。

岩崎弥太郎に敵討ちをそそのかされる龍馬。
そして捨て台詞を残して去っていきます。
「おぬしが大嫌いじゃき・・・。」
加尾をとられたという思いでしょうか・・・。

そして武市半平太も龍馬をたきつけます。

酔った弥太郎、またもトラブルを引き起こします。
しかも、その相手は井上を切った山本。
龍馬、かばいに入りますが、しっかり反撃を食らいます。


悶々とする弥太郎。
「詰まらんことで命を捨てるな!!」と叱る龍馬。

「土佐もいつの日か変わるかも知れん・・・。」
「下士も上士もなくなるじゃが。」

ボーっと先を見ようとしている龍馬。


その思いが日本を動かしていくんですね・・・。



坂本龍馬が土佐に生まれなければ・・・。
今の日本はまったく違った世界になっていたのかもしれません。

その根底にあるのは土佐の身分制度をどう変えていくか。
ここにある。
それを思わせてくれた第1回でした。

 ←ペリー来航??



完本 坂本龍馬日記
新人物往来社
菊地 明

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(39件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NHK大河ドラマ「龍馬伝」第1回「上士と下士」
あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。さてさて2010年の新春、いよいよ始まりました大河ドラマ龍馬伝!HEROやガリレオのようなドラマにしますと意気込んでらっしゃいましたねえ、脚本の福田様。そう聞くと・・・なああんとなく思い出されるのはいつぞやの新選組なんですけど・・・ま、まあ今回は今回、どのようなドラマになりますものか興味が湧いてまいりました〜。{%顔文字ファイトhdeco%} ...続きを見る
真田のよもやま話
2010/01/03 21:18
【龍馬伝】第一回
おまんは、ただ無難に生きているだけだぜよ。わしには解らんぜよ。坂本龍馬っちゅう人間が。天保14年。岩崎弥太郎は10歳の頃、初めて土佐で坂本龍馬と出会った。龍馬は川に飛び込むのを恐れ、カエルを恐れ、甘やかされて育った弱々しい男子だった。そんな龍馬を弥太郎は... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2010/01/03 21:27
新大河ドラマ「龍馬伝」第1回
   新しい日本の形をつくろうと奔走した幕末の英雄、坂本龍馬の姿を、彼が設立した海援隊を金銭面で支えた岩崎弥太郎の視点から描く。第1回「上士と下士」1843年、高知城下で暮らす9歳の龍馬は、学問も剣術も苦手な上に泣き虫。父親の八平や姉の乙女は、龍馬に強... ...続きを見る
日々“是”精進!
2010/01/03 21:29
龍馬伝1 今年こそハードコア大河と信じてもイイですか?
だからぁ 正月早々長いドラマ観たら疲れるっての。 しかもハンディカメラで追いかける追いかける。 ただでも半分酔っぱらってるのに ますます ...続きを見る
ぱるぷんて海の家
2010/01/03 21:31
大河ドラマ「竜馬伝」第1話「上士と下士」
いよいよ始まった今年の大河ドラマ「竜馬伝」どんな風に「坂本竜馬」を見せてくれるか、楽しみにしてました(^^)今はまだどうしても竜馬=内野さんのイメージが強いので、それをどう払しょくしてくれるか。お手並み拝見としましょう(^^)竜馬の幼少時代。また天パが... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2010/01/03 21:34
『龍馬伝』第1回
〜上士と下士〜 ...続きを見る
悠雅的生活
2010/01/03 21:37
龍馬伝 第1回 上士と下士
『上士と下士』内容時は明治15年郵便汽船三菱社長・岩崎弥太郎(香川照之)のところに土陽新聞の記者・坂崎紫瀾(浜田学)が取材にやってきた。“坂本龍馬とは、どんな人物だったか”と。龍馬を嫌いだという弥太郎は、語り出す。。。天保14年、弥太郎(渡邉甚平)が1... ...続きを見る
レベル999のマニアな講義
2010/01/03 21:38
大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者1時代は変わる命を粗末にするな!
大河ドラマ「龍馬伝」は幕末に活躍した坂本龍馬の生涯を追ったストーリーで1835年に生まれてから1867年に暗殺されるまでの33年間の生涯で日本を動かした坂本龍馬の生き様を描いていく。明治維新礎を築いた坂本龍馬は時代の常識に捉われず、新しい事に対して積極的... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2010/01/03 21:41
龍馬伝 第1回「上士と下士」
龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)福田 靖 作,NHKドラマ制作班 製作協力日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る みなさまあけましておめでとうございます。本日から新大河ドラマ『龍馬伝』がスタートします。が、正直まだ坂の上の雲が抜けていない状態で・・・しかも三が日からのスタートって早いですよね?『風林火山』が確か8日からだったんで、異常に早く感じますわ。 ...続きを見る
ブルー・カフェ
2010/01/03 21:42
『龍馬伝』第1回「上士と下士」
 明治15年。 郵便汽船三菱社長・岩崎弥太郎の挨拶。 土陽新聞・坂崎紫瀾の取材。 坂本龍馬について。。 龍馬がいたから。。? 「龍馬はのぉ。。  わしがこの世で一番嫌いな男じゃった!」天保14年(1843年)・土佐。上士と下士。武士の中でも身分制度。。地下浪人だ... ...続きを見る
strの気になるドラマ 気になるコト
2010/01/03 21:50
????????????????
??????????????????????????????(&??)????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????... ...続きを見る
??????????????
2010/01/03 21:55
龍馬伝 第1話「上士と下士」
子役の子がかわいい〜(*´∀`*) ...続きを見る
空色きゃんでぃ
2010/01/03 22:17
龍馬伝〜第1回 感想「上士と下士」
龍馬伝ですが、坂本龍馬(福山雅治)を岩崎弥太郎(香川照之)視点から描く大河ドラマです。冒頭は明治で三菱の社長となった弥太郎の元に新聞記者が訪れます。当時坂本龍馬は無名だったようですが、薩長同盟の仲立ちをして維新回天の礎を築き、船中八策など明治政府に影響すら与えている傑物の存在に記者は驚きます。 しかし、弥太郎は「ワシは坂本龍馬のことが大嫌いじゃった!あんな能天気で、人蕩らしで、女にモテて」など獅子吼します。(以下に続きます) ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2010/01/03 22:25
龍馬伝 第1回 「上士と下士」
あらすじ # 幼い頃、母・幸(草刈民代)を亡くした龍馬(福山雅治)。厳しい身分制度の土佐で弥太郎(香川照之)の危機を救う。総合・7日(木)23時 ...続きを見る
青いblog
2010/01/03 22:28
NHK「大河ドラマ 竜馬伝(新番組)」第1話:上士と下士 〜勇気のヒーロー
日本が変わる礎をつくった男・坂本竜馬。挑むのは、“ガリレオ”福山雅治。「JIN」での内野聖陽“竜馬”が、まだ目に強く焼きついているところでのスタートです。 ...続きを見る
伊達でございます!
2010/01/03 22:37
龍馬を
大河ドラマ「龍馬伝」がはじまりました。幕末ものは好きなので、思わず見てしまいますね。ただ、その都度、忘れてしまうので、基礎から本を読みなおす必要があるので、またまた時間をとられてしまいます。英語学習もそうですが、日々接していないとダメですね。といっても、.... ...続きを見る
機械技術教育の実践と研究
2010/01/03 22:48
龍馬伝 第1回「上士と下士」
とうとう2010年の大河ドラマが始まりました。前々から番組宣伝をしていたり撮影状況を伝えていたのでかなりNHKとしても力を入れている作品であることが分かります。坂本龍馬といえば歴史上でも超有名な人物でありどのような功績を残した人なのかは誰もが知っていることなので、ある意味前回の天地人よりも難しいのではないかと思います。数年前の大河ドラマである篤姫にも登場したくらいですし。 様々な期待を持ちながら早速龍馬伝を見ることにします。まずイントロダクションで話の全体像やイメージを伝える場面を持ってくるのは... ...続きを見る
あしたまにあーな
2010/01/03 22:52
大河ドラマ 龍馬伝 第1回 「上士と下士」
う〜ん、やっぱり香川照之は巧いよなあ〜 直前までやっていて、いやこの龍馬伝が終わったこの年末にも続く 「坂の上の雲」の中でも準主役の正岡子規をやっていて しかも労咳で今にも死にかけている、強烈なインパクトを残してまま この「龍馬伝」でも準主役級の岩崎弥太郎役を演じて 絶対、正岡子規のイメージ引きずるで〜と懸念したら なんの、なんの、見事な貧乏たらっしい ケチで、ズルく、根性のひんまがった岩崎弥太郎であった。 (明治の岩崎弥太郎はそれはまた別の貫録のある) 労咳で今にも死にそうな、でも俳句改革をし... ...続きを見る
しっとう?岩田亜矢那
2010/01/03 22:53
大河ドラマ 龍馬伝 第1回 「上士と下士」
う〜ん、やっぱり香川照之は巧いよなあ〜 直前までやっていて、いやこの龍馬伝が終わったこの年末にも続く 「坂の上の雲」の中でも準主役の正岡子規をやっていて しかも労咳で今にも死にかけている、強烈なインパクトを残してまま この「龍馬伝」でも準主役級の岩崎弥太 ...続きを見る
こちら、きっどさん行政書士事務所です!
2010/01/03 22:56
「龍馬伝」幕末の風雲児を思う・・・その1
こんにちは。「星の王子様の宝箱」(stars-treasure)です。   いよ ...続きを見る
星の王子様の宝箱
2010/01/03 23:10
龍馬伝 第1回「上士と下士」
今年も大河ドラマ・レビューの始まりです。  大河ファンの皆様、あけましておめでとうございます。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2010/01/04 00:24
《龍馬伝》☆01
明治15年(1882年) 郵便汽船三菱社長 岩崎弥太郎の視点で描かれる坂本龍馬。 土佐から土陽新聞の記者坂崎紫瀾が取材に来た。 彼は、『坂本竜馬』について弥太郎に聞いた。 ...続きを見る
まぁ、お茶でも
2010/01/04 05:00
龍馬伝
初回の感想ぜよ  ...続きを見る
Akira's VOICE
2010/01/04 10:22
【龍馬伝】第1回感想と視聴率
【初回視聴率は、1/5(火)夕方迄に追加予定】「上士と下士」このドラマは、郵便汽船三菱社長・岩崎弥太郎の視点で、坂本龍馬の生涯を描いています。その岩崎弥太郎役が、香川照之さんなので『坂の上の雲』と、だぶってしまいました。香川さん、確かにお上手ですが、別の人... ...続きを見る
ショコラの日記帳
2010/01/04 10:37
竜馬伝(上士と下士)の感想
 いよいよ、竜馬伝が始まりましたね。土佐藩は、侍が上士と下士の階級に分かれ、さらにその下に地下浪人がいるんですね。 ...続きを見る
本とTVとDVDの感想日記
2010/01/04 10:46
福山雅治『龍馬伝』第1回★どうして目くそは目頭から・・・。
『龍馬伝』第1回:上士と下士 ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP(気分は冥王星)
2010/01/04 11:46
【大河ドラマ】龍馬伝第1回:上士と下士
ついに始まりましたね。【今回の流れ】・土佐には上士・下士といった厳しい階級制度がある・子供時代の龍馬は泣き虫で、学問も剣術も苦手 強くたくましくなって欲しいと願う姉から特訓を受ける・弥太郎と知り合った龍馬だが、弥太郎はツンデレ系だった・上士を突き飛ばし... ...続きを見る
山南飛龍の徒然日記
2010/01/04 19:53
龍馬伝 (福山雅治さん)
◆福山雅治さん(のつもり) 福山雅治さんは、昨日から放送開始したNHK大河ドラマ『龍馬伝』に坂本龍馬 役で出演しています。●あらすじと感想 ...続きを見る
yanajunのイラスト・まんが道
2010/01/04 23:22
龍馬伝『上士と下士』
『上士と下士』 ...続きを見る
ありがとう!、あてつけじゃないよ。
2010/01/04 23:27
大河ドラマ『龍馬伝・第一話 上士と下士』感想
始まりましたね!『龍馬伝』もう年末からソワソワしっ放しだったんですが〜〜〜純粋に腐女子的感想を(←いや、それこそ不純だから)まずは一言叫んでおきたい!!!福山さん格好えぇ〜〜〜〜!・・・・・・ふぅ・・・・・・落ち着いたところで感想をば出だしは岩崎弥太郎... ...続きを見る
徒然”腐”日記
2010/01/05 00:07
大河ドラマ龍馬伝★第1話上士と下士
大河ドラマ『龍馬伝』第1話〜上士と下士2010年大河ドラマがはじまりました〜大河ブロガーの皆様、本年もよろしくお願いいたしますさて、第1話。従来の大河とは画像処理がちょっと違うようですね。「坂の上の雲」と同じような感じです。スタジオっぽくなくなってます... ...続きを見る
うさうさ日記
2010/01/05 02:58
龍馬伝 上士と下士
あるいは、大河では初めてかもしれませんね。サリエリ方式(アマデウス)で語られる物語… (むしろ、望むものを持てず、渇望した者の方が、それを持つ者の真価が分かる?!) ...続きを見る
のほほん便り
2010/01/05 08:43
龍馬伝「上士と下士〜希望のヒーロー」
NHK大河ドラマが新春に登場しました。 ...続きを見る
よかったねノート 感謝の言葉にかえて
2010/01/05 14:00
『龍馬伝』 第1話
目くそはどうして目尻ではなく目頭から出るのか…確かにぃ!さすが目の付け所が違う龍馬(≧∇≦)ノ彡バンバン!脚本の福田靖さんのインタビューを読んで期待してたんですが、想像以上に面白かったですわ〜。公式サイトでの大友啓史さんの言葉も良かったです。「演出家として、セット ...続きを見る
美容師は見た…
2010/01/06 09:44
龍馬伝−第1回「上士と下士」
2日たってようやくビデオを回しました。 大河で坂本龍馬を扱うのは,何と1968(昭和43)年の司馬遼太郎原作による「竜馬がゆく」以来となりますから,実に42年ぶりです。 映像作品として,そして何よりも当時菊池寛賞を受賞した司馬作品が原作として,目の前に立ちはだかるわけですから,今まで大河化されなかったのも分かるような気がします(因みに,TBSの正月時代劇「竜馬がゆく」−主演:上川隆也は,見ていません)。 ですから,そうした意味でも,そろそろ21世紀の新しい龍馬像が出てきても良いと思いますし,そう... ...続きを見る
koshiのお部屋2
2010/01/06 18:59
坂の上の雲 脚本家 放送予定
大河ドラマ 龍馬伝 第1回 「上士と下士」 - しっとう?岩田亜矢那 う〜ん、やっぱり香川照之は巧いよなあ〜 直前までやっていて、いやこの龍馬伝が終わったこの年末にも続く「坂の上の雲」の中でも準主役の正岡子規をやっていてしかも労咳で今にも死にかけている、強烈なインパクトを残してままこの「龍馬伝」でも準主役級 .... 何がなんだか日記): 第1話『上士と下士』坂本龍馬:福山雅治岩崎弥太郎:香川照之武市半平太:大森南朗大河を観るのは久し振り。ていうか、今迄でマトモに観たのは『秀吉』『利家とまつ』... ...続きを見る
坂の上の雲 最新情報
2010/01/07 14:46
龍馬伝、下士って一領具足の末裔??
今年の大河ドラマ「龍馬伝」中々面白かったですね{/kirakira/} 風林火山→篤姫とドラマの感想などをブログに書いてい ましたが、龍馬に関してはあまり本も読んでいないので 書き様が有りません{/kuri_5/} 全く興味の無い人物ではないのですが、あまりにも有名 になり過ぎた感がありますよね{/hamster_2/} 龍馬暗殺の真相にはとても興味が有りますが、大政奉還 も龍馬の献策ではないという意見もあるくらい謎の多い 人物とも言えます{/kaminari/}{/kaminari/} ...続きを見る
函館 Glass Life
2010/01/07 23:54
龍馬伝 第一話 感想
どもども。 ...続きを見る
優しい世界〜我が心に迷いあり(恐怖の年男...
2010/01/09 00:20
− タイトルなし −
 龍馬伝 第1話 「上士と下士」 23.2%あらすじ「龍馬はの〜わしがこの世で一番嫌いな男やった。」自宅で開かれたパーティーで、坂本&... ...続きを見る
☆ドラマ好き☆
2010/01/17 03:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜〜〜。
無邪気で素直で穏やかで罪のない力持ち。
絵にかいたような好青年に見えた本日の龍馬君でした。
これからどう変貌していかれるますものか〜。
真田
2010/01/03 21:20
福山雅治がまたさわやかに演じていましたねぇ。
これからどうなるのかがとても楽しみです。
ryi
2010/01/03 21:24
ありがとうございました。
おくらばせこれこそ、
「雨にも負けず」「飛込みにも負けず」「泥水にも負けず」
でしたね。
同感です。
広末さん、ただでさえうまいのに余裕でしたね。
また今後が楽しみですね。
ayumiyori
URL
2010/01/08 16:50
そうですねぇ。
やっぱり地元の言葉は地元の人が一番うまいですよね。
たまに知っている方言をしゃべっている番組があったりして、見ていると
「そんな風には言わない」
という違和感があるのですが、そういうこともなかったんでしょうね。
ryi
2010/01/10 10:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大河ドラマ 「龍馬伝」 #1 上士と下士 雨ニモマケズ 風ニモマケズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる