大河ドラマ 「平清盛」 #38 平家にあらずんば人にあらず

出ました、時忠の名言!迷言か?
台風情報の入る中の放送です。

平家の悪口を言うと禿が登場。
赤い服のおかっぱ。
怖いですねぇ。

その禿かと思わせる姿の政子。
夜中に頼朝を思い出しちゃっているって…。
北条時政、政子についに話しちゃっています。
興味津々の政子に話しちゃダメでしょう。
近づくなと言われると、近づくでしょう、この人。


そんなんで波除になるの?
船を沈めてって…。


時子が倒れる。
それを気に福原へ来いという清盛と、都へ戻れという時子。
信西を思い出すも、信西とは違うという清盛。
確かに源氏がいなかったらそうでしょうねぇ。

徳子の琵琶で安心した清盛、徳子を入内させることを一門の前で伝えます。
しかし、宗盛だけ気がつかない…。

後白河院の問答、わかりましたよぉ。
しかし、変なことに凝っていますねぇ。
宮中でとんち大会ですか。


羊と麝香鹿の麝香を献上して徳子入内を持ちかけます。
トンチは逃げましたね、清盛。

公卿も以仁王も警戒の度合いを強めています。


疫病が流行ったのは羊のせい?
清盛、ストレートに攻めて行くことにしたようです。


清盛、福原を後白河院に寄進!
ここで、あのトンチ!
ほら返されちゃったぞ。
どうする、清盛。
腹を破って出てきましょう。だって。
野心を持った清盛を食った後白河院。そこから出てきた清盛。
打ち負かされた後白河院、徳子入内を決めます。

少し鬱になっていた重盛の大納言昇進、そして徳子入内。
波除を作り大輪田泊を修築する清盛。

抗議をしにきた兎丸にたいして、それを言う、時忠?
ここで出ますか「平家にあらずんば人にあらず」。

そして唐突に遮那王登場。で、強引な弁慶との対面。

次回、兎丸無念って?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年09月30日 22:43
こんばんは~。
法皇様のあのへんな遊び、種が知れたらもう無効っていうか、
先攻の方がいきなり「あなたを食います」って言ったら負け知らず?
だってほら、後攻の方が「私を食ったあなたを食います」と言ったら、
お互いがお互いを食い合うエンドレスの引き分けに~~。

この記事へのトラックバック