大河ドラマ「平清盛」 #42 鹿ケ谷の陰謀

ついに動く打倒平家の動き。
仕事を中断して集中して見ます。

多田行綱をそそのかし、西光、藤原成親は動き始めます。
源氏の白旗を大量に作る為に布まで用意しています。
「瓶子が倒れた」
「瓶子の首は…」
「清盛を都へおびき出す」
非常に盛り上がっています。


一方伊豆。
政子の婚礼を決めようとする時政と、「捨て置けぬ」と宣言する政子。
平家に味方しなければいけない時政としては、政子のその発言は許せないですよねぇ。


延暦寺では明雲が捕縛されます。
根も葉もないことで斬首をしようとする後白河院。
さすがに公卿も首をかしげます。
しかし、山法師がしっかり奪還。
後白河院は山門を攻めよと重盛に下知。
ところが、ここまで後白河院の読み通り。
清盛をおびき出す手立てが整ってしまいました。
時忠は攻めるふりをすればと言いますが、
清盛は裏があるのではと勘ぐります。
そして後白河院の動きを探ることとしました。

明雲を奪われた源頼政のところへ多田行綱が訪れ、
後白河院の企みを話し、協力を仰ぎます。
しかし、頼政は拒絶。
これで平家に情報が入ることが確実です。

政子の輿入れが決まったことを知る頼朝。

清盛捕縛の日程が決まりました。

清盛は何となく嫌な気配を感じ取っています。
そこに、なんと多田行綱が登場。
寝返った行綱!!


昨日と変わらぬ今日のはずだった…。

成親、西光捕縛。

「そなたの国造りは復讐」
「王家の犬と呼ばれたことへの復讐」
西光にそう言われた清盛ブチ切れる((((;゚Д゚)))))))

輿入れ途中の政子も突然頼朝の館に訪れてブチ切れる((((;゚Д゚)))))))

おぉこんなところで伏線回収!(◎_◎;)
都の清盛、伊豆の頼朝。
ここでこんな重なりですか。
明日を見つけた頼朝、明日を見失い始めている清盛。
目の前が真っ暗な後白河院…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年10月28日 20:49
こんばんは~
伏線回収!長い長い長~い目で見ると面白いんですよねえ今季の大河!
ただまあ、短期的にみるといろいろ・・・視聴率的には苦戦中?
私的にはここんところのお話がめっちゃ面白くって、十分に見てきた甲斐のある大河でございましたけど~。
2012年10月29日 23:37
時間があるときに、もう一度見直そうかなぁと最近思っています。
年の前半で中井貴一が出ていたのがとても懐かしいです。

この記事へのトラックバック

  • NHK大河ドラマ「平清盛」第42回「鹿ヶ谷の陰謀」

    Excerpt:  清盛様の福原の館にて、もうここへは来ないと後白河院様。決別のライバルが決別。そして比叡山とタッグの清盛様は西光様のお子様を流罪にしちゃってさあ大変、怒った法皇様が一体どう出るか!歴史的には大事件です.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2012-10-28 20:45
  • 大河ドラマ「平清盛」第42回

    Excerpt: 明日が見える者と、見えない者… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210280003/ .. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2012-10-28 20:46
  • 平家政権の緩み ~平清盛・鹿ヶ谷の陰謀感想~

    Excerpt: 平家政権の緩みの象徴となった、鹿ヶ谷の事件。 この謀議は随分と乱暴だったらしく、平家物語によれば、話の時に徳利(瓶子)が倒れると、 『瓶子(平氏)が倒れた、これは幸先がいい』 ということになり、.. Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2012-10-28 20:57
  • NHK大河ドラマ『平清盛』第42回「鹿ヶ谷の陰謀」

    Excerpt: 鹿ヶ谷事件、面白かった~~ 意味のあるバイオレンスシーンは迫力に満ちて、 ざわざわとさせてくれますなぁ。 ゴッシーと西光、成親の平氏を討つっていう計画に、 摂津源氏の多田行綱は巻き込まれち.. Weblog: よくばりアンテナ racked: 2012-10-28 21:05
  • 【平清盛】第42回 「鹿ヶ谷の陰謀」感想

    Excerpt: 鹿ヶ谷の陰謀・後編!後白河院(松田翔太)が着々と進める企てに、清盛(松山ケンイチ)は 陥れられそうになるが、間一髪のところで多田行綱(野仲イサオ)から密告を受ける。 成親(吉沢悠)と西光(加藤.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2012-10-28 21:32
  • 平清盛 第42回 鹿ヶ谷の陰謀

    Excerpt: 『鹿ヶ谷の陰謀』 内容 清盛(松山ケンイチ)は、後白河法皇(松田翔太)の力を削ぐため、 比叡山・明雲(腹筋善之介)と手を組み、西光(加藤虎ノ介)の息子を流罪に。 そんななか京・鹿ヶ谷の山荘で、法.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2012-10-28 21:32
  • 平清盛 第42回「鹿ヶ谷の陰謀」

    Excerpt: 今週も『平清盛』のお時間です。 あらすじ(ロングバージョン) Weblog: みはいる・BのB racked: 2012-10-28 21:39
  • 平清盛 10.28

    Excerpt: レビューを書かなくなって久しいのですが観ることは観ていましたよ。ただなんか書くほ Weblog: しなもにあ 2 racked: 2012-10-28 21:48
  • 〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第42回「鹿ヶ谷の陰謀」  武士の暴力性を描いた、西光を蹴り倒すシーン

    Excerpt: 清盛が西光をひたすら蹴り倒すシーン。 勿論、フィクションだろうけど激烈でしたな。 大昔の花登筺原作ドラマ 「ぼてじゃこ物語」のシーンを思い出したね。 普段は紳士面してても ヤーコはやっぱりヤーコ .. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2012-10-28 22:02
  • 大河ドラマ「平清盛」 第42話 あらすじ...

    Excerpt: 打倒平家---------------!!ついに動き出した後白河法皇。いやぁ、今日は時間の関係で早清盛だったわけなんですが、別の意味神回でございましたわ(^^)もうこうなると視聴率なんて関... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2012-10-28 22:07
  • 大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男42後白河法皇打倒清盛を宣言するもまだ平家の力は強大で直前の裏切りで失敗に終わった

    Excerpt: 大河ドラマ「平清盛」第42話は鹿ヶ谷の山荘で後白河法皇は成親・西光と共に平家打倒に動き出す。後白河法皇はまず比叡山を標的と比叡山の明雲を捕獲するが、流罪にされる直前に ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2012-10-28 22:54
  • 平清盛 42回 「鹿ヶ谷の陰謀」

    Excerpt: 信西殿の 志を継ぐなどと・・・片腹痛い! そなたの国づくりは復讐・・・ 王家への恨みつらみに突き動かされているだけじゃ---! そんな西光に怒り爆発の清盛-- 何度も 何度も 彼を 蹴りつ.. Weblog: shaberiba racked: 2012-10-29 00:08
  • 「平清盛」第42話。

    Excerpt: 日本シリーズ第2戦が気になるなか、「平清盛」第42話を見ました。今週も視聴率悪いだろうな… Weblog: Flour of Life racked: 2012-10-29 00:13
  • 平清盛 第42回「鹿ヶ谷の陰謀」~共に参ろうぞ、まだ見ぬ明日へ!

    Excerpt:  ラストの頼朝(岡田将生)のナレーションでこんなものがあった。 「清盛は明日を見失いかけていた」  これはどういうことだろうか?  キレて西光(加藤虎ノ介)を蹴りまくる清盛(松山ケンイチ)。  清盛の.. Weblog: 平成エンタメ研究所 racked: 2012-10-29 08:24
  • 平清盛 第42回「鹿ヶ谷の陰謀」★真ヒロイン・政子(杏)「共に参ろうぞ、まだ見ぬ明日へ」

    Excerpt: 『平清盛』 第42回「鹿ヶ谷の陰謀」 後白河法皇(松田翔太)藤原成親(吉沢悠)西光(加藤虎ノ介)などによる《鹿ヶ谷の陰謀》がスタート。 比叡山の明雲(腹筋善之介)に言いがかりを付けて拷問のうえ.. Weblog: 世事熟視~コソダチP racked: 2012-10-29 11:31
  • 【平清盛】第42回感想と視聴率「鹿ヶ谷の陰...

    Excerpt: 「鹿ヶ谷の陰謀」第42回の視聴率は、前回の7.9%より上がって8.9%でした。裏に、日本シリーズ中継がありましたが、上がって良かったです♪今回は、遂に、政子と頼朝がラブラブになり... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2012-10-29 23:54
  • 『平清盛』 第42話「鹿ヶ谷の陰謀」

    Excerpt: 復讐……だったのかぁ?  (いや、違う!)わしは武士じゃ 武士の世を創るのじゃ! 西光に自分の志を否定され、激昂する清盛  平治の乱の時、義朝・頼朝親子に、「武士の世を創る!」と宣言し、そのためには.. Weblog: 英の放電日記 racked: 2012-10-30 19:15