大河ドラマ「八重の桜」 #04 妖霊星

いったい妖霊星とは?
そして覚馬の禁足はいつ解けるのか。

そこで、西郷頼母がかかわるのね。


禁足が解けた上に新たな役職まで。
さらに縁談をとの話も。

軍政改革の試金石として八重の腕まで見て行きます。


変えるべきは変えていかないと。
会津が変わって行こうとしています。


そして、覚馬の縁談もなったようです。
本当に「西を向いてろと言われたら1年でも向いている」感じですね。
八重と合うのでしょうか。


中央政界は井伊大老就任ときな臭くなってきました。


やっぱり八重には合わない様子の兄嫁。



江戸城では押しかけ登城。
完全に井伊大老の手のひらの上です。
水戸への勅許で、大老激昂。
安政の大獄へと続いて行きます。


兄のことが気になる八重と、あえて気にしないようにしている兄嫁。
やっぱり、合いそうもない。


次回は吉田松陰一色?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「八重の桜」第4回

    Excerpt: 八重、うらと馴染めず… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201301270005/ NHK.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2013-01-27 20:46
  • NHK大河ドラマ「八重の桜」第4回「妖霊星」

    Excerpt: なんですか、この時代って要するにほら、龍馬伝!それから篤姫!そこら辺と被ること被ること。まあ被ればこそ面白いところもありんすリンスのキューティクルではございますけど~。でもいっそいつの日か大河ドラマオ.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2013-01-27 20:52
  • 大河ドラマ「八重の桜」信念の人4覚馬は禁足が解かれうらと結婚するも八重はうらと上手くいかずもどかしさを感じた

    Excerpt: 大河ドラマ「八重の桜」第4話は禁足されていた覚馬は頼母の計らいで容保に働きかけて禁足を解かれ砲術指南役として会津を改革してほしいという命が下り、尚之助の教授方就任も認 ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2013-01-27 21:05
  • 【八重の桜】第4回 「妖霊星」感想

    Excerpt: 1858(安政5)年、西郷頼母(西田敏行)の松平容保(綾野剛)への働きかけが実り、 覚馬(西島秀俊)の禁足が解かれ、尚之助(長谷川博己)の教授方就任もかなう。 さらに、覚馬はうら(長谷川京子).. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2013-01-27 21:06
  • 『八重の桜』第4回

    Excerpt: 妖霊星 Weblog: 悠雅的生活 racked: 2013-01-27 21:13
  • 八重の桜 第4回 妖霊星

    Excerpt: 『妖霊星』 内容 黒船来航後も動かぬ藩の兵制改革に業を煮やした覚馬(西島秀俊)は、 ついに、西郷頼母(西田敏行)ら藩上役へ上申する。 その事で上役らの怒りを買った覚馬は、禁足処分に。 だが頼母だけ.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2013-01-27 21:18
  • 八重の桜 第4回 「妖霊星」

    Excerpt: 慶喜がかっこよく描かれてますね~ 孝太郎さん、この役合ってると思います。 あの装束似合っておりますな。 わざとらしい演出もなく、余計なこと言わなくていいかんじ。 井伊.. Weblog: 青いblog racked: 2013-01-27 21:19
  • 八重の桜 第4回「妖霊星」

    Excerpt: 今回は、八重周辺には大きな変動がなかったことからあまり大きな描写もなく、代わりに会津藩と幕府の様子w中心に描かれていました。八重の周辺としては、あんつぁまの覚馬が結婚しうらを妻とします。この時代にあっ.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2013-01-27 21:22
  • 大河ドラマ「八重の桜」 第4話 あらすじ...

    Excerpt: 覚馬にとって良き知らせが--------!!林が山本家を訪ねにやってくる。そこで近日中に覚馬の禁足が解かれる事になるというのだ!!役目は西洋砲術指南役 蘭学所教授。さらには軍事取... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2013-01-27 21:55
  • 大河ドラマ「八重の桜」 第4話 あらすじ感想「妖霊星」

    Excerpt: 覚馬にとって良き知らせが--------!! 林が山本家を訪ねにやってくる。 そこで近日中に覚馬の禁足が解かれる事になるというのだ!! 役目は西洋砲術指南役 蘭学所教授。 さらには軍.. Weblog: ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ racked: 2013-01-27 21:55
  • 『八重の桜』 第4話 「妖霊星」

    Excerpt:  西郷頼母の必死の訴えと松平容保(綾野剛)の理解によって、覚馬の禁足も解かれ、西洋砲術指南役、蘭学所教授に復職するとともに、軍事取調役と大砲頭取に抜擢された。  早くから覚馬の才を認めていた林権助も後.. Weblog: 英の放電日記 racked: 2013-01-27 22:43
  • 八重の桜 第4回「妖霊星」~この作品は、あっさりテイストのワイン

    Excerpt:  この作品のテイストは<ライト>ですね。  昨年の『清盛』がハードなフルボディのワインだとすれば、『八重の桜』は口当たりのいいあっさりしたワイン。  ドラマとは、対立・葛藤である。  立ちはだかる障.. Weblog: 平成エンタメ研究所 racked: 2013-01-28 09:08
  • 『八重の桜』第4回「妖霊星」★安政5年 ドナティ彗星

    Excerpt: 『八重の桜』第4回「妖霊星」 妖霊星って、半村良の『妖星伝』みたいな響きがあって、なんとなくワクワクさせられます。 -◆- 会津藩の重臣が揃って御前会議。 西郷頼母(西田敏行)が闖入し.. Weblog: 世事熟視~コソダチP racked: 2013-01-28 12:23
  • 〔NHK大河ドラマ〕八重の桜 第4回「妖霊星」はドナティ彗星だけど、天頂で尾は伸びません

    Excerpt: この「妖霊星」は1858年に地球に接近した 「ドナティ彗星」ですな。 トルストイの「戦争と平和」内でも登場する 「1811年の大彗星」と並ぶ19世紀を代表する大彗星ですな。 京都の実相院にも観察記録.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2013-01-28 13:17
  • 妖霊星

    Excerpt: 八重の桜 第4話 Weblog: 西徂庵 racked: 2013-01-28 19:52
  • 八重の桜 第4回「妖霊星」

    Excerpt: [閉じる]暗雲漂う幕末の空に現れる不吉な妖霊星。 鎌倉幕府滅亡時も出たとか曰くつきですね。 彗星だって分ってる現在でも、何となく不吉って感じますから 知識のない民衆はさぞ不 ... Weblog: D☆エディション racked: 2013-01-29 18:48
  • 【八重の桜】第4回感想と視聴率「妖霊星」

    Excerpt: 「妖霊星」第4回の視聴率は、第3回の18.1%より少し上がって、18.2%でした。少しでも上がって良かったです♪(^^)頼母(西田敏行)が、容保(綾野剛)に兵制改革が急務と働きかけ... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2013-01-29 20:19
  • 「八重の桜」 第4回、妖霊星

    Excerpt: 大河ドラマ「八重の桜」。第4回、妖霊星。 日米修好通商条約調印~安政の大獄。 大老・井伊直弼の独断決行。 Weblog: センゴク雑記 racked: 2013-01-29 21:01