大河ドラマ「八重の桜」 #16 遠ざかる背中

結婚式に出ていたので、帰宅後、ビデオで見ました。

会津で起きた家事の中で巻き込まれた山本家。
まずは無事にその災禍は過ぎ去ったようです。


京都では長州攻めの幕引きに奔走しています。
徳川慶喜の頭の回転についていこうとする勝海舟。
そして、それについていけない会津藩。
それを逆手にとった慶喜。
慶喜は慶喜で回転していますが、周りがついていけません。
勝も松平春嶽も身を引いてしまいます。

それをうけて、慶喜は会津藩を頼ることに。


会津では女の争いが。
八重も複雑な心境です。



会津は敵を作りすぎましたゆえ。

もう引き止めるわけにはいかんな。
そなたはわしの支えだった。


宮中に呼ばれた容保。
孝明天皇からの最大限の謝辞です。


慶喜の将軍宣下。
そして、孝明帝の崩御。

いよいよ幕末最終局面。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック