大河ドラマ「八重の桜」 #22 弟のかたき

朝敵になって帰る容保。
いよいよ会津での戦争が迫ります。
完全に逃げ帰る形になってますよね・・・。

川崎の帰郷。
しかし、表情が硬い。
三郎の遺品を持っての帰郷です。
山本家が重たい表情です。
都に行っているはずがないから人違いだ。
その希望を八重の縫った刺繍が打ち砕きます。
覚馬までも薩摩藩に捕らえられたとの情報。
打ち首ではないかとの情報。
「山本家の男として恥ずべきところはないと・・・。」
そう言いながら、権八も呆然。


新政府軍は一気に関東へと兵を進めます。

容保は家督を譲り、謹慎。
神保修理の切腹に心を痛めているようです。

捕らえられた覚馬。
なんとか嘆願書を書こうとしますが、西郷はすでに江戸に向かっています。


戦で敗れたままで、朝敵の汚名を着たままでいいのか。
容保は基本恭順、攻めてきたら戦うという方針を示し、軍政改革を行いました。

八重は三郎の死がかなりこたえているようで、完全に錯乱状態です。

勝海舟は江戸攻めをなんとか止めようと、万国公法を持ち出して西郷を説得します。
その説得を受け入れた西郷。
振り上げた拳のおろしどころを考えますが・・・。それが会津になるのは必定。


覚馬はあさって斬首・・・のはずが、嘆願書が西郷の目に止まる。
覚馬の斬首は取りやめになりましたが、
新政府に逆らう残党が会津に向かったことを聞き、やはり撃つことを決めます。


斎藤一は都での覚馬の様子を知らせますが、
それだけに中途半端。
余計うやむやな気持ちが八重の中に生まれます。

そして、会津戦争へ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2013年06月03日 08:24
こんにちは~
朝廷には逆らわないが攻めてこられれば受けて立つ、で、兵隊が集結してきて、危険とみなされて攻められる、と。
戦死者の死を悼んで敵を討とうとする、で、余計に人死にが出てまたその身内が敵討ちをする、と。
会津の誇り高くて真っ直ぐな気性が余計に悲劇を大きくしてしまったんでしょうかねええ・・

この記事へのトラックバック

  • 戦い ~八重の桜・弟のかたき感想~

    Excerpt: 八重の弟・三郎の死は、尚之助から直々に伝わる。 皆々悲嘆にくれる一方、八重は最初は否定するものの三郎の死を受け入れ、仇を取る方法を尚之助に求める。 若いだけあるね。 会津全体が朝敵となり、降伏す.. Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2013-06-02 21:44
  • 八重の桜 第22回 弟のかたき

    Excerpt: 『弟のかたき』 内容 慶応四年二月。容保(綾野剛)は、僅かな供と会津へ向かった。 会津では、京や江戸より大勢の人が帰ってきていた。 そのなかには江戸で最新戦術を学んでいた尚之助(長谷川博己)の姿.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2013-06-02 21:55
  • 【八重の桜】第22回 「弟のかたき」感想

    Excerpt: 八重(綾瀬はるか)の元へ、鳥羽・伏見の戦いで弟・三郎(工藤阿須加)と兄・覚馬(西島秀俊) が落命したとの知らせが届く。 三郎の遺髪や形見の衣服はあったが、覚馬の遺物は無い。 そのことを不思議.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2013-06-02 22:06
  • 大河ドラマ「八重の桜」 第21話 あらす...

    Excerpt: 振り上げられた拳の行方-----------!!ついに会津に緊迫した雰囲気が近づいてきました。OP映像も少し変わり、黒の流れるようなイメージがなんだかこの先の会津を予感させましたね。慶... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2013-06-02 22:12
  • 大河ドラマ「八重の桜」 第21話 あらすじ感想「弟のかたき」

    Excerpt: 振り上げられた拳の行方-----------!! ついに会津に緊迫した雰囲気が近づいてきました。 慶喜の命により、容保がついにひっそりと江戸を去る事に。 皆を置いて大阪を出たことを.. Weblog: ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ racked: 2013-06-02 22:12
  • 八重の桜 第22回 「弟のかたき」

    Excerpt: ○ 山本家 事態としてはすごく悲しいんだが、 これまでほとんど三郎に焦点を当ててなかったので、 あれだけじっくりと悲しみの時間をやられても、どうにも置いて行かれた。 .. Weblog: 青いblog racked: 2013-06-02 22:30
  • 『八重の桜』第22回

    Excerpt: 弟のかたき Weblog: 悠雅的生活 racked: 2013-06-02 22:53
  • 「八重の桜」 第22回、弟のかたき

    Excerpt: 大河ドラマ「八重の桜」。第22回、弟のかたき。 西国を抑えた新政府軍が、幕府の影響の残る東国に侵攻。 覚馬と三郎の話を聞いた八重は、怒り悲しむ。 Weblog: センゴク雑記 racked: 2013-06-02 23:58
  • 大河ドラマ「八重の桜」第22回

    Excerpt: 仇は、討つ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201306020005/ 八重の桜 後編 .. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2013-06-03 05:19
  • 大河ドラマ「八重の桜」信念の人22勝の江戸の人々を守るため西郷に万国共通の公法を解き覚馬も嘆願書で同様に訴え西郷の気持ちを変えさせた

    Excerpt: 大河ドラマ「八重の桜」第22話は新政府軍は旧幕府軍を倒すために江戸に兵を進めていた。その頃容保は会津に戻り、そこで軍備を整え始める。八重は三郎の形見を見ても信じられず ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2013-06-03 06:25
  • NHK大河ドラマ「八重の桜」第22回「弟の敵」

    Excerpt: とうとう戦火は東へ北へと攻め寄せる敵の官軍。会津藩の明日はどっちだ!みたいな時に予告編の八重様は、三郎~~~っと黄色い悲鳴。いやあ、悲しみは重々ご理解いたしますけどあまりにもはっちゃけちゃって痛い展開.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2013-06-03 08:18
  • 八重の桜 第22回「弟のかたき」~両名とも山本家の男として恥ずるところはねえと存ずる

    Excerpt:  ついに八重(綾瀬はるか)が主役として登場した感じですね。  その登場の仕方は、怒り、かたき、復讐といった負の感情。  今までののんびりムードはなくなり、荒ぶる戦いの化身に。  しかし、戦いの果てにあ.. Weblog: 平成エンタメ研究所 racked: 2013-06-03 11:04
  • 『八重の桜』第22回「弟のかたき」★Vシネマ顔の世良修蔵(小沢仁志)が怖すぎる!

    Excerpt: 『八重の桜』第22回「弟のかたき」 江戸の会津上屋敷。 会津にむけて出立する容保(綾野剛)が家臣団に「わしは今から国元に戻る。江戸引き揚げのこと、よろしく頼み入る。皆を置いて大坂を出たこと、今.. Weblog: 世事熟視~コソダチP racked: 2013-06-03 16:01
  • 〔NHK大河ドラマ〕八重の桜 第22回「弟のかたき」 江戸城無血開場は勝海舟の尽力

    Excerpt: 東京の上野とかいうお山には 何故か西郷隆盛とかいう人の銅像が建ってるらしい。 西郷隆盛というと、ドラマ内でモニカ演じる西郷隆永(吉之助)の父親である。 でも風貌は、西郷従道と西郷吉之助の肖像画をモデ.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2013-06-03 22:59
  • 【八重の桜】第22回視聴率と感想「弟のかた...

    Excerpt: 「弟のかたき」第22回の視聴率は、前回の14.1%より下がって、13.3%でした。覚馬は、捕らわれて、牢で生きていましたが、四条河原で処刑されたと、山本家に伝わりました。三郎の戦死... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2013-06-03 23:22
  • 八重の桜 第22回「弟のかたき」

    Excerpt: 大河ドラマ『八重の桜』のお時間でございます。 あらすじ・・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2013-06-04 20:55