大河ドラマ「八重の桜」 #38 西南戦争

士族の不満高まる。
その怒りは頂点に。


その不満を背負う西郷が提供した旧薩摩藩邸が同志社の校舎に。

西郷の決起を抑えようと覚馬は木戸に面会を求めようとしますが、
槇村に止められます。

御所では、大久保と木戸、伊藤が密談しています。
そこに西郷軍が熊本に入ったとの知らせ。
大久保は断腸の思いで追討令を出しました。

会津としては、薩摩に一矢報いようとする戦。
山川浩も佐川官兵衛も藤田五郎も参戦の意向です。


薩摩について深刻な話をしている時に、
間の抜けた声で登場、新島襄。
女学校設立の許可が下りたようです。

田原坂をめぐる攻防。
大山巌は山県有朋に指揮をとらせて欲しいと頼みます。
しかし、山県としては怖いところですよね。

大山は佐川らを抜刀隊として任命。
「まさか、会津と手を組んで、兄さと戦すっことになっとは・・・。」

その官兵衛。
突撃の際に銃弾にやられ戦死。


山川と西郷の対面は史実??
大胆なストーリーですが・・・。
「恭順を示した会津をなぜそこまで追い詰めた?」
「会津は人柱か。会津人が流した血の上に成り立っている。」
「内乱は二度と起こさん。おいが全て抱いていく。」
西郷の大きさに刀を抜くことすらできなかった山川。


覚馬は木戸に停戦の勧告を出して欲しいと願い出ますが、
木戸にはその意思がないようです。
すでに木戸は病魔に襲われている様子も出てきています。
って、ナレーションで死んでしまった・・・。


大山巌の総攻撃の一令の元、
ついに最終戦闘が。
西郷は銃弾を浴び、覚悟を決める。

え、大久保の暗殺もあっという間にナレーションでおしまい??

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック