雨ニモマケズ 風ニモマケズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ「八重の桜」 #42 襄と行く会津

<<   作成日時 : 2013/10/20 20:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 18 / コメント 0

八重と襄は会津へ。
久々の再会です。


いきなり板垣が襲われます。
それがさらに自由民権運動に火をつけます。

一方、みねは今治で英語を教えているそうで。
そんなときに、望郷の念に駆られる八重。


さすがに今回は回想シーンが多いようですね。


療養中の板垣を訪れるという大胆な行動を取る襄。
「人民に上下の区別があっては強い国はできない。」
会津戦争でそう感じたと話す板垣。
そんなところから、襄は会津に行こうと決めたのでしょうか。
覚馬は残ることにしたようです。
そりゃいけないですわな。

新島襄のふるさと、安中で待ち合わせ。
徳富猪一郎は自分で新聞社を作るために動き始めているようです。


ついに会津到着。
いろいろ思い出すことがあります。
貧しい暮らしの中の会津。
変わり果てた城下。
その中に残ったわずかな断片。
銃の練習に明け暮れた日々。
そう思ってみると、あちこちに残る思い出。

「大事なものは、みんなここにあった。」

子どもの頃の盗み見の思い出。
結婚を決めて、尚之助とすごした思い出。
新政府軍との激しい戦の思い出。

すべては思い出・・・。


お吉と徳三と久々の出会い。
うらのことを問いただすが、
「訪ねていっても、お会いになんねぇかも知んねぇ。」
しかし、無理に聞く八重。

そして、発見。
「11年前に、山本家とは縁が切れた。」
みねの嫁に行った話を聞くと、
喜びで崩れるうら。
みねの「一緒に暮らそう」に対して、
櫛を見つめながら、会津で生きていくことを改めて決意するうら。


余計なことをしてしまったのか。と後悔する八重。
「みねの幸せを見届けた。」そう語りかける襄。

帰国した山川捨松。
しかし、日本語が喋れなくなった捨松。
日本語はわかっているみたいですが、英語で答えちゃってます・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(18件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大河ドラマ「八重の桜」第42回
会津旅行… ...続きを見る
日々“是”精進! ver.F
2013/10/20 20:45
NHK大河ドラマ「八重の桜」第42回「襄と行く会津」
そうだ!会津行こう!ちゃっちゃっちゃっちゃら〜ちゃっ、ちゃっちゃっちゃっちゃら〜♪そんな物見遊山では終わらない?懐かし故郷会津!激戦の地会津!紅涙の別れの地会津!懐かしくも悲しい成り行きになりそうでええ〜。 ...続きを見る
真田のよもやま話
2013/10/20 20:51
『八重の桜』第42回
襄と行く会津 ...続きを見る
悠雅的生活
2013/10/20 20:51
国へ帰って 〜八重の桜・襄と行く会津感想〜
1882年4月6日、自由党党首板垣退助(加藤雅也)が暴漢に刺された事件。 この時に板垣が叫んだ言葉、「板垣死すとも自由は死せず」という言葉。 実際には言っておらず、「痛い、医者を読んでくれ」と言ったとも、『アッと思うばかりで声も出なかった』ともいう。 自由党の臨時報にも「板垣ハ死スルトモ自由ハ亡ヒス」とあり、政府の密偵文章にも「吾死スルトモ自由ハ死セン」とあったという。 作り話とする... ...続きを見る
早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
2013/10/20 20:51
【八重の桜】第42回 「襄と行く会津」感想
新婚のみね(三根梓)と伊勢(黄川田将也)を連れ立て、襄(オダギリジョー)は八重 (綾瀬はるか)とともに会津への伝道旅行に出かけた。 みねを連れて行くことにしたのは、八重の中に、生き別れたうら(長谷川京子)に再会できる かもしれないという淡い期待があったからだ。 そして、ついに踏みしめる懐かしい故郷の土。 山本家が建っていた場所は長屋に変わっていたが、ふとした拍子で、ある残骸を見... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2013/10/20 20:56
大河ドラマ「八重の桜」信念の人42八重とみねはうらとの再会にみねが伊勢と結婚の報告をしてうらは涙を流...
大河ドラマ「八重の桜」第42話は襄と八重はみねと伊勢と共に会津へ伝道旅行をする事になった。その会津についた八重たちは全く昔と違う城下町にただただ驚くだけだった。そんな ... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2013/10/20 21:00
八重の桜〜第四十二話「襄と行く会津」
第四十一話「覚馬の娘」はこちら。 前回の視聴率は12.4%と微動だにしなかった。 ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2013/10/20 21:32
大河ドラマ「八重の桜」 第42話 あらす...
会津旅行という名の回想編って事で(^^;)今回は1/3は総集編という感じでしたね。懐かしい顔ぶれが多々出てきて、なんか色々思い出したわ。まさに走馬灯だったね。板垣が自由党を... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2013/10/20 21:44
大河ドラマ「八重の桜」 第42話 あらすじ感想「襄と行く会津」
会津旅行という名の回想編って事で(^^;) ...続きを見る
★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★
2013/10/20 21:46
八重の桜 第42回 襄と行く会津
『襄と行く会津』 ...続きを見る
レベル999のgoo部屋
2013/10/20 22:23
「八重の桜」 第42回、襄と行く会津
大河ドラマ「八重の桜」。第42回、襄と行く会津。 久しぶりの会津。 回想回です。 ...続きを見る
センゴク雑記
2013/10/20 23:50
【八重の桜】第42回感想と視聴率「襄と行く会津」
【第42回の視聴率は10/21(月)追加予定】 「襄と行く会津」 うらさん、元気 ...続きを見る
ショコラの日記帳・別館
2013/10/21 00:32
【八重の桜】第42回感想と視聴率「襄と行く...
【第42回の視聴率は10/21(月)追加予定】「襄と行く会津」うらさん、元気そうで、良かったです♪みねとの再会、感動的でした♪(^^)ただ、今回は、回想シーンが多かったです(^... ...続きを見る
ショコラの日記帳
2013/10/21 00:32
八重の桜 第42回「襄と行く会津」〜みね、幸せに暮らしているのか?
「私、嫁に行ったんだ」  みね(三根梓)がこう言った時、母親のうら(長谷川京子)の顔が一気に変わる。  今までの他人を拒絶するこわばった顔から、喜びと涙の顔へ。  そして 「よがった、よがった。みね、きれいになって……。幸せに暮らしているのか?」  山本家か... ...続きを見る
平成エンタメ研究所
2013/10/21 08:53
『八重の桜』第42回「襄と行く会津」★私、余計なことをしたべか?
『八重の桜』第42回「襄と行く会津」 ...続きを見る
世事熟視〜コソダチP
2013/10/21 15:44
八重の桜 第42回 「襄と行く会津」
&#160; 板垣退助。加藤雅也さんのノリの良さにお腹痛い…。すみません…。 もうクネ男にしか見えない。 土下座の回といい、今回にしても、大蔵があまり良い感じに描かれていないような気がする。官学校だから?気のせいかな…。 八重の里帰り。 ここで八重がどんな感情を抱くのか、っていうのは重要なポイントになると思ったので、注意深く見ました。 旧習に悩まされた会津でも、やっぱり愛しい... ...続きを見る
青いblog
2013/10/21 18:34
八重の桜 第42回「襄と行く会津」
大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。 あらすじ・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2013/10/21 20:30
八重の桜 第42回「襄と行く会津」
タイトルだけ見ると、パックツアーの名前かと間違えてしまうようなものですが、襄が会津に行きたいと思うようになったのは、板垣退助に優しくミルクセーキを作ってあげたときに、彼から会津について聞かされたからというシナリオで進んでいきます。京都に帰るとさらっと会津に旅行に行こうと思うと進言する襄に八重達は驚くとともに、ずっとこの時を待ち望んでいたという期待をも感じているようでした。確かに、みねと伊勢も... ...続きを見る
ともさんのふむふむ大辞典
2013/10/21 22:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ「八重の桜」 #42 襄と行く会津 雨ニモマケズ 風ニモマケズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる