大河ドラマ「軍師官兵衛」 #13 小寺はまだか

播磨攻めの軍が到着。
そして、これからさらに反乱の日々が。
姫路城を秀吉に献上した官兵衛。

その返礼として秀吉は義兄弟の契りを結ぼうとの書状を出します。
官兵衛、感激。

父職隆と竹中半兵衛の出会い。
お互いに面白いと感じたようです。

で、その反面、御着が荒れています。
諫言三人衆が政職の下へ。
しかし、「官兵衛を信じる」の一言で一蹴。


官兵衛のいた姫路へ主だった播磨の地侍が拝謁。
別所長治はなぜか名代を。
内情を聞く官兵衛。
と思ったら、御着からも名代が!!

名代を出すというのは明らかにやましいところがあるということ。
秀吉はちょっとお冠です。


姫路にいかない理由を聞きにいく官兵衛。
しかし、政職はすねてしまいます。


一方本願寺攻めで苦戦している中川・荒木・高山の3名。
陣中も混乱しているようです。

そのことを信長に詰問される荒木村重。
いきなり和睦を言い出し、毛利の兵糧を絶つために船を作ることを言う信長。


半兵衛の偵察。
それをわかっていながらベラベラしゃべる職隆。

それを受けてか秀吉が官兵衛と酒を酌み交わす。


半兵衛と官兵衛。
半兵衛は官兵衛の誓紙をとっていきなり燃やそうとし始めました。
半兵衛は官兵衛を諭します。


その半兵衛。
いきなりの吐血。
命の残りが少なくなっています。


命をかけた半兵衛の説得で官兵衛は、
なんと秀吉を御着へ連れて行くことを画策。
汚い身なりをさせて御着へ。
渋い顔の政職。


「この乱世を終わらせる。それが拙者の大義。」
それをこの段階で見据えられる半兵衛と官兵衛。
そして、見失っている荒木村重。
この差が今後を分ける・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック