大河ドラマ「軍師官兵衛」 #19 非情の罠

ついに官兵衛囚われの身に・・・。
1年余の幽閉生活へと突入です。
これ、どうやって表現するんでしょう。


光秀、秀吉の説得、
完全に決裂です。
「信長に使い捨てにされる。」
そう言い放つ村重。
図らずも後の光秀のことを考えると、
村重の言は当たっていたというべきでしょうか。


さまざまな場所に波紋を広げる村重謀反。


説得に失敗した秀吉・光秀に会うことすらしない信長。
播磨では半兵衛が臥せっています。
そんな時に入ってきた御着の籠城の知らせ。
村重と共同して小寺家まで離反。
職隆は御着城に説得に向かいますが、それも不調。
政職は「今度こそ、わしの見立てに狂いはない。」と妙に自信満々。
なのに、祈る。
全然自信はないんでしょうねぇ。

播磨で織田よりなのは黒田家のみ。
毛利の手を借りてどうにかしたい村重。
戦の心配をするだし。
高山右近や黒田官兵衛を引き合いに出してなんとか止めようとしていますが、
村重の決意は固いようです。


「わしの行く手を遮るものは誰であろうと許さん。断じて許さん。」
信長の決意も固まったようです。

御着を攻め滅ぼしか、松寿丸を守る手立てはない。
黒田家中はもめています。
官兵衛は
「主君に弓引くことはわしが許さぬ。」
と御着を攻めることに否定的です。
説得に官兵衛が向かうことになりましたが、
家中は殺されてしまうと否定的です。


予想外にも官兵衛。
政職との面会が叶います。
必死の説得です。
荒木村重を説得することで、御着を再び織田に取り戻そうとしています。
村重が戻ってきたら、御着も考え直す。
そう宣言しました。

しかし、村重のところへ行くのを秀吉は拒否します。
自分自身が行ってどうにもならなかったという気持ちがあるからでしょう。
その秀吉を説得した官兵衛。
しかし、半兵衛からも「あまりにも危ない。」と翻意を求められます。
官兵衛の思いが強いのを知ると、半兵衛も諦めます。

官兵衛は自分ひとりで有岡城へ向かいました。
そのために、わざを家臣を半兵衛のところへ引き寄せて、
後の守りとして備えさせました。


有岡城へ着いた官兵衛。
村重を説得です。
「官兵衛もうやめろ。おことが哀れに思えてきた。」
そこに御着からの密書。
「官兵衛がそちらへ行くから、殺して欲しい。」
村重からの逆説得です。
しかし、官兵衛はそれを拒絶。
そして囚われの身に。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック