大河ドラマ「軍師官兵衛」 #21 松寿丸の命

土牢に幽閉された官兵衛。
救出までの長い時間。
織田軍には「官兵衛裏切り」の知らせも・・・。



村重の防戦に対し、
信長はそれに知恵を出しているのは官兵衛と判断。
松寿丸の首をはねよと下知しました。
秀吉は必死の抵抗。
しかし、なんと半兵衛が首をはねると進言。
呆気にとられる秀吉。

有岡城内では疑心暗鬼の村重。


土牢に囚われていることを掴んだ黒田家臣。
なんとか助けようとしていますが、どうにもなりません。


松寿丸を斬りに半兵衛が長浜へ。
その情報を村重が官兵衛に持っていきます。
なんとか見方にしたい村重。
信じられない官兵衛。

秀吉は謝罪をしに姫路へ。
官兵衛寝返りを信じられない光は取り乱します。
職隆は松寿丸の最期を問いますが、いますが、半兵衛に任せたと逃げます。
その上で、秀吉は信長方に引き続き付いて欲しいと頼む。
しかし、そんなことを言われても・・・。


美濃の山奥に半兵衛に匿われていた松寿丸。
黒田家にそっと知らせました。
扇に青々と力強く描かれた松。
生きていることをなんとか知らせたいおねと、それを読み取った職隆。


官兵衛は雨の時期も、そして雪の時期も暗い狭い土牢で過ごします。


次回、逃げ出す村重。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

BROOK
2014年06月02日 06:38
毎回TBありがとうごうございます。

「軍師官兵衛」第22回のTBを送ろうとしたのですが、
TB用のURLが表示されていませんでした。
設定を宜しくお願い致します。

この記事へのトラックバック