大河ドラマ「軍師官兵衛」 #22 有岡、最後の日

土牢の場所を特定した善助。
いよいよ救出へ向かって一直線です。


半兵衛は播磨へ戻ろうとしています。
しかし、もう先がないことは本人も承知。


播磨へ戻った半兵衛。
秀吉に松寿丸のことを問いただします。
官兵衛のことを信じ、生かした半兵衛。
そしてそれを見抜いた秀吉。

官兵衛を救い出す方法を考えます。
宇喜多を寝返らせることが最善の策。
そう考えた秀吉、なんとその使者に半兵衛を選びます。
松寿丸のことといい、体調のことといい、半兵衛は最後まで秀吉を立てるつもりです。


が、やはり死の床に。
自分の代わりに官兵衛を頼ってほしい。
天下を・・・。

そう遺言して世を去ります。




宇喜多直家も老いを感じているようです。
本領安堵を確認し、織田につくことを宣言しました。


村岡城下はバタバタ。
毛利の援軍は来ない、
宇喜多は寝返る。
わけがわからなくなってきています。
そして、毛利輝元のところまで直に会いにいくと言ってしまっています。

土牢の官兵衛のところへ。
弱りきっている官兵衛に酒を振る舞います。
しかし、当然飲めず。

その後、有岡城脱出。

その報が信長のもとへ。


有岡城下になだれ込む織田軍。
家族を守るためにと出て行った村重。
しかし、家族を見捨てる村重。
完全に支離滅裂です。

土牢の官兵衛を救出に来た家臣団。
あまりに変わり果てた姿に絶句です。


信長に逆らった代償が重く・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック