大河ドラマ「軍師官兵衛」 #26 長政初陣

備中高松城攻め。
ということは、黒田官兵衛最大の力の発揮時が目の前です。


長政付きになったのが母里太兵衛なのが不安な光。

そして、戦を焦る長政。

官兵衛は備中高松城攻略のために偵察へ。
形勢をみると言われた長政は完全に功を焦っています。


清水宗治は官兵衛の要求を突っぱねます。



信長は甲斐攻め。
そういえば、全然家康が出てきません。

恵林寺の焼き討ちの話が詳しく描かれるのは珍しいです。
「心頭滅却すれば火も自ずから涼し。」
明智光秀は愕然。
国師、快川和尚を焼き殺された朝廷も紛糾しています。


戦の匂いがする。
その太兵衛の声をそのまま受け取る長政。


~あ、パソコンがフリーズして消えてしまった・・・~


安国寺恵瓊と密談する官兵衛。
羽柴と毛利が手を組む。
その要求を突っぱねます。

その間に官兵衛は水責めの策を。


いよいよ次回、明智光秀が本能寺へ!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック