大河ドラマ「軍師官兵衛」 #35 秀吉のたくらみ

暴走を始める秀吉。
権力を得た秀吉がとんでもない方向へと進んでいきます。

家康の上洛が果たされ、
官兵衛は九州出陣。
後藤又兵衛が調略を任され、何もすることがない長政は不満顔です。


陣羽織のエピソードを持ってきましたねぇ。
そして、長政がその場にいたことに。
しかし、官兵衛はそれを芝居と見抜きます。

高山右近が出陣のあいさつに。
しかし、その時の秀吉はすでにキリスト教に警戒をいだいているようです。

秀吉の出陣。
しかし、なにか納得の行かない秀吉。
どうも茶々を待っている様子。
出発の時刻になり、しかたなく出る秀吉。
ところが、その廊下で待ち伏せしていた茶々。
「わたくし、強きお方がお好きでございます。」
興奮が一気に高まる秀吉。
そのまま出陣します。

おねはその茶々の真意を聞き出しに行きます。
「たとえかたきであろうと、後ろ指を指されようと構いません。」


秀吉が九州に着陣。
二手に分かれて薩摩を目指すことに。
25万の大軍で攻めてきたのをうけ、
さすがにどうにもならないと降伏を願い出てきました。
三成は島津成敗を、官兵衛は寛大な処分をと意見が割れます。
秀吉の前に出た島津義久、出家をして許しを乞います。
結局秀吉は本領安堵を申し伝えます。

官兵衛と三成に対し、博多の立て直しを命じた秀吉。
そして、宣教師と対面。
しかし、
「この国には勝てる船はない。」
「長崎の領地は献上されている。」
などと余計なことをいうコエリョ。
予想通り高山右近が槍玉に挙げられました。
秀吉は右近に棄教を迫ります。
しかし右近は信長の時に心を曲げたことで失敗したことから、従わないつもりのようです。

完全に秀吉はキリシタンに一向一揆を見ています。
ついにバテレン追放令を発令しました。
「あらがうものあらば滅ぼすのみ。」
官兵衛にもそう迫ります。

さらに、官兵衛の国替え、宇都宮の本領安堵の反故。
人たらし秀吉が、狂気の秀吉へと変わりつつあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック