大河ドラマ「軍師官兵衛」 #38 追い込まれる軍師

独断でことを起こした長政。
そして、悩む官兵衛。
秀吉の野望が狂気を呼び起こす。


黒田の加盟を残すために長政の独断。
豊前の黒田の加盟が地に落ちます。
その報が官兵衛のもとに。

さらに長政は城井谷を攻めることに。


官兵衛は朝房を呼びました。
全ての幕を下ろした後に事実を伝えます。
その上で切腹を申し付ける官兵衛。
敵を討とうと立ち上がりますが、すぐに押さえつけられます。
ところが、殺さない官兵衛家臣。
殺せと叫ぶ朝房に対し、自ら刀を突きつける官兵衛。
そして・・・



権力と茶々に狂う秀吉。
宇都宮討伐の知らせに狂喜乱舞します。

しかし、悶々とする官兵衛。


長政帰陣。
しかし、妻・母を始めボイコット状態。
結局お鶴を逃がすことにしたようです・・・。

人は将棋の駒。
まるで神のように。
一時期の信長の狂気に近づいているのを感じ、不気味に思うおね。
そして、佐々成政には切腹を申し付けます。
さらに、明への野望を官兵衛に打ち明けます。
先方が小西行長、加藤清正。
大将が小早川隆景。
軍師が黒田官兵衛。
その秀吉に「民を見て欲しい。」と懇願します。
そこに「耳の痛いことを言ってくれる方が居るうちが花。」とさらに耳の痛い事を言う利休。

急に大きくなった豊臣家が不安。
天下人になってから人が変わった。
急に大きくなった家中が割れてしまうのではないか。
と官兵衛にグチをこぼすおね。
さすが、先見の明がある。


北条対策で家康が上洛。
秀吉の顔色を伺っています。

その家康がどうしても会いたい男。
ついに黒田官兵衛との初対面です。
泰平の世の到来を予感する官兵衛。
家康を牽制します。
その家康。官兵衛のことを秀吉が警戒していることを伝えます。
それを家康に言わせるか・・・。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック