大河ドラマ「軍師官兵衛」 #39 跡を継ぐ者

秀吉に警戒されているのを知る官兵衛。
それを家康から伝えられる官兵衛。
このあと取る行動は!!


そんな秀吉ですが、やっぱり茶々にご執心。
そしてその茶々は秀吉の子を身ごもったようです。
知らせを聞いた官兵衛。
なんだか思い悩んでいます。

茶々は北政所に挨拶を。
秀吉の子を埋めなかった北政所にとってはとても痛い会見。
あげく「これからは気ままに過ごすつもりだ!」宣言。
苦笑いの北政所です。


一方中津。
官兵衛は家臣一同を集めます。
そして、隠居を宣言。
守りに入った秀吉の疑いの芽を摘み取ろうするため、家臣のために隠居を宣言します。
その上長政は「まだ無理だ。」といいます。
官兵衛は「全ては生き残るために。」と諭します。

弱気の長政を叱咤激励する糸。

昔を思い出す官兵衛。
自分の時と似ている・・・。
自分の歩んできた道と、長政が歩もうとしている道が重なって見えたのでしょう。


秀吉に隠居を伝える官兵衛。
秀吉は驚きます。
が、すぐに御伽衆との話を聞いたことのではないかと気づきます。
その上で、隠居を拒否します。

会見を終えたあとに三成が吹き込みます。
実際に官兵衛を恐れていることを伝えますが、
口出しをするなと申し渡します。

家康も官兵衛の真意を汲み取ります。
家康は警戒を強めたようです。


城門に落首。
秀吉は怒ります。
100人以上も処刑されます。
北政所が嘆きます。
北政所は官兵衛に助けを求めます。
しぶしぶ官兵衛は京へ出ていきます。
「主君を諌めるのも家臣の勤め」
当然、秀吉も何をしに来たかわかっています。
官兵衛、思いっきり直言です!!
ストレートすぎるでしょう!!
あまりにストレートだったために、秀吉は喜びます。
しっかり言葉が秀吉に入ったようです!
前祝いとして金銀を配ることにしました。
その上で官兵衛の隠居を引き止めます。
しかし、ガンとして譲らない官兵衛。
そこに代案として家督を譲るものの隠居をせず、一人の男として秀吉に仕えることを提案。
官兵衛はそれを受けます。


捨松の誕生。
黒田長政の家督相続。


家康は北条をなんとか上洛させようとしますが、
断固拒否します。
いよいよ北条攻め。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック