大河ドラマ「軍師官兵衛」 #46 家康動く

秀吉の死。
そして家康が動き始めます。


朝鮮から戻った長政。
三成のやり方に不満を持っています。

小西行長は石田三成に何かを吹き込んでいます。

そして、北政所派と淀殿派の争いをしっかり見つめている家康。
「気になる男がいる。」
と警戒を解かない家康です。

何も考えずに言葉を発する長政。
周りはそれがわかっているのに、本人だけわかっていない。
あ~ぁ。やっちゃいましたねぇ。

小西行長の訴えが家康を経由して、加藤清正、福島正則、黒田長政の耳に入ります。
そして、恩を売ることに成功した家康。
しっかり家康につけいる隙を与えています。


突然出てきた前田利家、あっというまに体調が悪そうです。

家康が伏見に戻ることを北政所に愚痴りにいく長政。
しかし、長政の反三成としての態度は強くなったようです。

家康暗殺計画がある。
その噂から、一気に伏見へ動いた家康。
三成も四大老を味方に付けようとして動きます。
しかし、家康、しっかり蹴散らします。

長政が動くのを如水は止めようとします。
しかし、結局動く長政。
如水は後藤又兵衛に軽挙妄動をしないよう目をつけさせます。

如水、前田利家を訪ねます。
そして、利家の命数を測った上で和睦をすることを申し出ます。
結局徳川、前田ともに矛を収めます。


糸は糸で悩んでいますねぇ。
その悩みが深いです。

そんな時に前田利家が死去。
一気に動く反三成の諸将。
三成襲撃を企てます。
そして三成が逃げ込んだ先は家康の屋敷。
しっかり家康は激高した諸将を追い返しました。

如水と家康の腹の探り合い。
隠居では火種を消せない。
如水は家康の真意を測りかねます。
「三成の命にはまだ使い道がある。」
これで、如水は家康を見抜きました。
生き残ることは無論大事。
しかし、わしは我が道をゆく。

家康と如水の大勝負。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック