大河ドラマ「軍師官兵衛」 #50 乱世ここに終わる

いよいよ最終回。
そして、如水最後の活躍、関ヶ原・・・。
って、如水が関ヶ原で戦ったわけではありませんが。


九州制圧を狙う如水。
その思惑通りに進みつつあります。


関ヶ原の戦い。
思わず見入ってしまいました。


九州では依然、如水軍が快進撃中。
しかし、そこに大坂からの知らせ。
家康のあっというまの快勝が如水の快進撃を止めます。

大坂に入った家康。
淀に三成の処断についてはっきり明言します。


長政は筑前52万石を下賜されます。
そして、如水に対しての伝言も。


如水の夢を潰したのは息子の長政。


大坂へ出仕した如水。
家康と対面します。
畿内での所領と、家康の側近になることを伝えますが、
如水、「九州にて天下を望んだ」
と家康に宣言。そのうえで、どのような世を作るのかを問いただします。
私利私欲のためではなく、天下泰平のために。


黒田家にも待望の後継が。

そして、江戸幕府を開いた家康。

晩年の如水。
長政に関ヶ原の時の思い出を話します。
そして、長政が自分を超えたことを嬉しく思っていることを伝えます。
さらにこれを暗に遺言だと伝えます。
また、善助に兜を託します。



あら、一気に大坂夏の陣ですか。
出奔した又兵衛。
最後に戦ったのは長政軍。


「殿、よく生き抜かれましたなぁ。」

この記事へのコメント

2014年12月21日 21:02
来年、一年間ずっと見られるかしら。
ちょっと心配・・・。

この記事へのトラックバック