大河ドラマ「花燃ゆ」 #14 さらば青春

安政の大獄始まる。
そして梅田雲浜が捕まり、久坂は生死も不明。
松陰は「ことをなす時」と意を決めます。
平和だった時代から一気に幕末動乱の時代へ。


松陰らの建白書は当然上にはあげられず。
久坂の行方は以前不明。
小田村は幕政改革を唱えますが、
上層部に拒否されます。


吉田稔麿は萩へ。
そして、久坂は江戸へ。

小田村は松陰を訪ね、今は堪えよと止めます。


水戸藩の井伊大老暗殺計画に乗りたい松下村塾の面々。
間部詮勝の暗殺を松陰は言い出します。
井伊を揺さぶるつもりです。
血判状を集める松陰。

何だか、急に展開がシリアスになってきました…。

吉田稔麿が血判状を重役に届ける役を引き受けました。


萩の若者が暴走をはじめています。


血判状は周布のところへ。
そして、小田村も同席。
松陰の考えに完全に支配された吉田稔麿。
小田村も詰問しますが、それを無視します。
周布は吉田稔麿はお役御免を命じ、小田村にも「もうかばいきれぬ」と言い放ちます。

すべてを聞いていた文。
家族に話します、全てを。
おじの玉木、父も切れます。
父の理想の子。父の思いに沿った子。
だから、父を殺せと迫ります。
「いっそお前がいなくなったらと。そのようなことを兄に思わせるな」
「ここはどういう場所ですか。人殺しを算段する場所ですか。」
兄も文も語りかけます。

そこに小田村登場。
藩命により閉鎖。
吉田寅次郎を野山獄へ。
それを告げにきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック