大河ドラマ「花燃ゆ」 #29 女たちの園

都美姫と銀姫はバチバチ。
そんなところに入った美和に、
いきなりリストラを敢行せよとの命が。


政治に通じる銀姫と疎い美和。
銀姫はリストラ策を捨て置けとしますが、
美和は受けてしまいます。

そして、しっかり早速拒否反応が。


さらに国島からも拒否される…。



藩内は戦うか恭順かでもめています。



椋梨の動きが怪しいと小田村に知らせる高杉。
その椋梨は周布を訪ねます。
周布に「はなむけを渡す」と含みをもたせます。
さらに井上聞多に刺客を送ります。


そして周布は自害。




京では、久坂玄瑞の子どもが産まれ…。

美和は人を減らす代わりに物を売れと進言。
そして売ったお金を山口に残したものに与える。
その言葉が銀姫を動かし、都美姫を動かしました。

椋梨の改革が藩内に吹き荒れます。

女中の宿下がりは元徳の側室をいれるため…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック