大河ドラマ「花燃ゆ」 #34 薩長同盟!

気がついたら薩長同盟ですか。
その過程はあまり描かれていないので、唐突な感じがします。


第2次長州征伐に向けて、幕府も動き出す時期。

小田村は三条実美に幕府との対決を宣言します。


高杉は藩主元徳との対面です。
長崎へ行ったことの報告のようですが、
それより爆弾発言。
薩摩も幕府を見限った。
しかし、長州としては薩摩との同盟は飲めない条件。

坂本龍馬は小田村と対談。

あちこちで、薩摩との同盟が動き始めています。


高杉、都合が悪くなり、退散。


そして、桂小五郎藩政復帰。
その桂に龍馬、武器や船を融通します。
さらに、薩摩との縁をつなごうとしています。

しかし、やっぱり感情のしこりは残りますよねぇ。
美和はそのしこりを思いっきり感じています。

椋梨の最期の言葉を聞いて考えた小田村。
「許すこと」
椋梨以外は赦免。
そして、椋梨は罪人として斬首。

同時期に父百合之助も死去。


一方、下関で西郷と対談をと思っていた桂と小田村。
しかし、西郷が京へ行ってしまいました。
薩摩を説得するための米の輸出を考える小田村。
あくまで慎重な桂。


京での対談、またも桂は待ちぼうけ・・・。
龍馬が仲立ちし、同盟がなります。


興丸の小姓に、周布家、高杉家、そして椋梨家から呼び寄せることに!

そして、長州征討が始まります。
そんなとき、高杉喀血!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック