大河ドラマ「おんな城主直虎」 #08 赤ちゃんはまだか

もう桶狭間が近づいているんですね。
しのには子どもが生まれず、瀬名には2人目が・・・。

昇太、セリフありましたねぇ。


焦るしの。
どじょうばかりの料理にぼやいた直親。
余計なことを言いますが、その後のフォローになっていません。

次郎は政次に鼓を売って、麝香を買ってくるよう頼みます。
そこに「おぬしが使ってみたら・・・」と戯言を吹き込みます。


駿府から戻った政次。
お土産をもって井伊館を訪れます。


織田を攻めようとする義元。
直親は初陣。
ところが留守居を命じられます。
結局ここにも跡継ぎ問題が絡みます。

せっかく妙薬をもっていったのに、完全に仇で返されました。
次郎の心は乱れ・・・。
座禅を組んでいるところに直親が。
側室を持つことも考え始めた直親。
しかし、心配なのはしののこと。

しのは次郎への被害妄想を膨らませます。
書置きを見て怒る次郎。
自害しようとするしのをけしかけ、生きる道を見つけさせた次郎。
さらに直親に対しても怒りをぶつけます。「なぜ他人事なのだ!」と。

結局あと1年だけ待つことに。



そしてついに運命の年が。
井伊にとっても、今川にとっても・・・。
負けようもない戦でまさかの大敗・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック