大河ドラマ「おんな城主直虎」 #21 ぬしの名は

今川を捨てた方久。
気賀へ向かう直虎。
浜名湖畔での商売に向かうのですが…。

盗まれた銭入れを追いかけて行ったら…。
あらら。


行方不明になっちゃいました。
そして監禁。
監禁された立場なのに偉そうな直虎。

しっかり返り討ちです。

奥山は井伊に
戻って報告。
そしてしっかり身代金を要求されています。

せっかく脱出が出来たのに、また捕まっています。

泥棒と言われ、納得ができない直虎。
しかし頭から理由を聞き、何も言えない…。

身代金目的かと思いきや、馬目的。
う~ん。
間抜けもいいところ…。


「この世は奪い合うことでしか立ち行かぬということか」

そんな直虎に方久が材木の販路拡大を持ちかけます。

材木の切り出しになんと盗賊を使うことに!
その説得を一人でしようとする直虎。

直虎の申し出を受けた龍雲丸。
まだまだ波乱がありそう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック