大河ドラマ「いだてん」 #12  「太陽がいっぱい」

ついにマラソン当日。
明治が大正に変わろうとしているところですねぇ。

スヤ、四三を応援するためにとった魚を調理です。

マラソンに出るために競技場へ行く四三。
大森は満身創痍。
監督としての責任を・・・。
と思っているようですが。

孝蔵、下席での初高座。
しかし、覚えられなくて・・・。


スタジアムまで迷う四三。
大森は満身創痍・・・。
電車にもうまく乗り継げていません。

幼子の時の四三、父との思い出を振り返り、
大森を背負うことにしました。
準備運動にしても激しすぎです。

かなりぎりぎりにつきました。

慌ててスタジアムに出ると、もう、スタート直前。
準備ができていないうちにスタートです。

あまりに慌ててスタートしたので、
いつもの呼吸を忘れています。

そして、気温が高い。
これがストックホルムの悲劇を・・・。


快調に飛ばしている四三。

が、突然ストップ。
あれ、目の前がおかしくなっています。

いつもと違い、楽しんでいません。
かなり切羽詰まっています。

水も飲まずに、走る四三。
ラザロを抜きます。
が、あれ、力が入らなくなっています。

そして、違う道へ行ってしまいました・・・。

あれ、棄権の中にも名前がなく、
しかも最後のランナーが到着。
どこへ行った、四三??

完全に行方不明・・・。

と思ったら、なぜか部屋で寝ている四三。
自分でも、なぜ部屋にいるのかがわからない・・・。
日射病になっていた四三。
意識がなくなっているときに連れ帰られたようです。


次回、ストックホルム編完結。



走れ二十五万キロ マラソンの父 金栗四三伝 復刻版(第2版)
熊本日日新聞社
2018-05-12
長谷川孝道

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



金栗四三: 消えたオリンピック走者
潮出版社
2017-12-05
佐山 和夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック