白鵬、全勝優勝

圧倒的な強さというわけではない。

相撲のうまさで優勝したという感じ。
千秋楽の鶴竜との相撲も、
えらく長かったし。


白鵬の優勝と逸ノ城の準優勝。
今回この2人は直接対決はなし。

対決したらどうなったのだろう。


そして、その前に盛り上がった「大関入れ替え戦」。
栃ノ心は大関陥落。
そして貴景勝の大関昇進。
栃ノ心には来場所、なんとしても10番勝ってほしいところです。


いずれにしても、白鵬の力の衰えは歴然。
次の時代に、そこに割って入るのは誰でしょうか。



白鵬、平成の相撲界は「数々の様々な問題がありました」 右腕痛め賜盃持てず/春場所

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック