大河ドラマ「麒麟がくる」 #02  「道三の罠」

美濃に帰る光秀。
しかし、そこには織田軍が…。


織田軍2万に対し、齋藤軍4千。
道三は信秀の弱いところを突く作戦を思いついたようです。

光秀は、道三に鉄砲を渡し、
そして、堺のことを尋ねます。

金を返せ。
さもなければ、此度の戦で侍大将の首を2つとれ。
道三は要求します。

おぉ。
ここ数年なかった合戦シーンです。
しかも殺陣がいいなぁ。


で、齋藤軍押されています。
道三はまず兵を退き籠城を決めました。

籠城の意図がわからない光秀たち。
どうやって食わせるのか。
それすらわかりません。

しかも、飯を食いだす。
織田軍の攻める隙を与えているのかという感じですが、
山城のために、攻めあぐねる信秀。

軍議の最中に、酒盛り。
と思いきや、飲んでいるのは水。

出てこないと思わせて、油断をさせて、
攻めかかる齋藤軍。

完全に油断していた織田軍は大混乱。

信秀はなんとか逃げ出します。
織田軍は壊滅。
大敗です。


討った侍大将が叔父と似ていたことで、
葛藤が生まれた光秀。
東庵に励まされる光秀。
しっかり、東庵、齋藤軍の軍医です。

美濃の守護、土岐頼純。
道三、この頼純が信秀とつながっていたことを問い詰めます。
完全に道三、脅しにかかっています。
その上で茶を献上。
怪しすぎる、道三。

やっぱり…。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント