大河ドラマ「麒麟がくる」 #08  「同盟のゆくえ」

信長との対面は浜辺。
漁から帰った信長…。


取った魚を切り分け、
1文で売り渡す信長。
光秀は、動けず。

帰蝶と話す駒。
光秀の話ですか…。


光秀、尾張から帰ってきましたが、
なにやら考え込んでいます。
帰蝶を本当に尾張に行かせてよいものか。

海が美しいところ。
尾張をそう表現した光秀。
帰蝶は光秀の後押しを待ちますが、
複雑な心境です。

結局帰蝶は尾張に向かうことに。

利政、信長がうつけかどうかを問いますが、
結局それはわからず。
信秀が死ねば、信長はどうにかなる。
しかし、後々、それは間違いだと道三は悟ることになります。

さて、光秀、
帰り路に高政に囲まれます。
高政は、美濃の守護頼芸のところへ光秀を連れて行きます。
頼芸、光秀を叱責します。
そして、利政の横暴を許さないと宣言します。
息子の高政まで、反利政というのが、
今後を見るようです。

光秀、熱田の市や港の様子を話し始めます。
それを手に入れることが必要。
と熱弁します。

その結果、頼芸様子見に転じます。
今利政と戦っても、勝てないこと。
信秀がなぜ利政と手を結ぼうとしたのか、
そして、帰蝶の性格と信長のうわさ。

しばらくの様子見ですか。

高政、かなりのコンプレックスを抱えています。

駒が京都へ帰る。
その宴のあと、
駒は桔梗の紋の扇子をもらったことを光秀に伝えます。
これも、のちの伏線でしょうか。

駒を見送る光秀。
駒に、帰蝶への想いを聞かれます。
それに対し光秀、
「そうやもしれぬ」
と言いますが、聞いた駒は複雑な心境。


今川義元は、警戒しています。
松平広忠を先頭に織田と戦を仕掛けるつもりです。


一方の尾張。
肝心の信長が行方不明。
どこへ行ったのやら。







麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド) - 池端 俊策, NHKドラマ制作班, NHK出版
麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド) - 池端 俊策, NHKドラマ制作班, NHK出版

帰蝶と信長 : 一 蝶は旅立つ - しのき美緒, まかろんK
帰蝶と信長 : 一 蝶は旅立つ - しのき美緒, まかろんK

帰蝶(きちょう) (PHP文芸文庫) - 諸田 玲子
帰蝶(きちょう) (PHP文芸文庫) - 諸田 玲子

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント