大河ドラマ「麒麟がくる」 #07  「帰蝶の願い」

織田信秀は、3方に囲まれた敵に対応しきれず、
斎藤利政と同盟結ぶことを考えます。


そんな時、
光秀は京から戻ってきました。

そこで、帰蝶を織田家の嫁にと求めてきます。


京の報告を兼ねて利政を尋ねる光秀。
ぼやかれます。
しっかり、ぼやかれます。
あら、帰蝶の説得を光秀に頼もうとしているんですね、利政。


松永久秀から、利政に令状が届いたようです。
それで、光秀を使おうとしているんですねぇ。

そして、利政の野望。
「海を取る」

そのための布石としての織田との和議と考えているようです、利政。

が、国衆たちは信秀との和睦を潰そうとします。

間に挟まれた光秀。
悩ましいところです。


「うつけ」という噂だけが流れている、
尾張の「うつけ」、信長。
帰蝶はその「うつけ」がどんな人間かを見てくるよう、
光秀に命じます。

光秀、商人に変装して尾張に入ります。

その尾張の市場。
賑やかです。

「港のある市場は違う」

その行商人の言葉と利政の言葉が被ります。

そこに菊丸登場。
そうか、三河の農民でしたっけ?
でも、そんなに簡単にいられるもの??


そして、信長は漁に出ているんだとか。
毎日、漁って、何してるの、信長。





麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド) - 池端 俊策, NHKドラマ制作班, NHK出版
麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド) - 池端 俊策, NHKドラマ制作班, NHK出版

明智光秀 (文春文庫) - 早乙女 貢
明智光秀 (文春文庫) - 早乙女 貢

大間違いの織田信長 - 倉山 満
大間違いの織田信長 - 倉山 満

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント