大河ドラマ「麒麟がくる」 #20  「家康への文」

信長最大の危機、
今川義元の尾張侵攻です。

戦が始まる。
今川家はすでに戦支度。

越前では、
その流れとは違う流れで生きています。
いつのまにか、
光秀に子どもが生まれています。

明智家は貧乏暮らし。
駒から送られてきた薬草を質入れしようとしています。

そんな中でも、
しっかり情報収集する光秀。
三河の兵を先陣につける。
だから戦が近い。
そう悟った光秀。

三河への手がかりとして、
竹千代を頼りにする。
それが織田家の生き残る道。

今川義元は、織田侵攻の先鋒に松平元康を指名しようとしています。

何にでも効く薬をお守りに、
「必ず生きて戻ってくる」
という元康。
でも、生きてはいるけど、
戻ってこないよなぁ。

元康を警戒する義元。
東庵に探りを入れています。


義元が動く。
それを受けて、尾張は大揉め。
信長は、軍議を抜け出します。
熱田に、於大と水野信元たちがきている。
それを聞き、信長は元康を引き込もうとします。


越前。
光秀、
鉄砲の力を見せます。
士官をしないと生きていけない状態です。
が、朝倉義景、蹴鞠に興じています。
それを見た光秀。
自分の境遇を憂いています。
そして、尾張に行くことに。

信長は元康へ工作。
義元は尾張に向かって進みます。

信長も、手を打ちつつあります。

於大の手紙が元康に届きます。
その手紙を読んだ元康。
動揺します。
菊丸、思いっきり元康に助言しちゃっています。
葛藤する元康。

滑走する光秀。

次回、桶狭間。





桶狭間の合戦―歴史を変えた日本の合戦 (コミック版日本の歴史) - とおる, すぎた, まこと, やまざき, 耕三, 加来
桶狭間の合戦―歴史を変えた日本の合戦 (コミック版日本の歴史) - とおる, すぎた, まこと, やまざき, 耕三, 加来

桶狭間の戦い~織田信長、逆転への情報戦略~ - 松平定知, 小田切千, 小和田哲男
桶狭間の戦い~織田信長、逆転への情報戦略~ - 松平定知, 小田切千, 小和田哲男

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント