大河ドラマ 「平清盛」 #26 平治の乱

ついに平治の乱。
平氏対源氏、宿命の対決!
きっかけは信西。清盛は熊野詣で留守…。

後白河院は前持って避難。というか幽閉。
その上で三条殿に攻め入る源義朝。

信西は攻められる前に脱出。
都の変事が紀伊の清盛に知らされました。

帝と院を手中に収めている義朝、
戦支度をしていない清盛。
と思いきや、家貞がしっかり裏で動いていました。
一気に都に戻る清盛。

源頼政は義朝に問い詰めます。
いささか浅慮ではないかと。
それに対し義朝は「武士の力を思い知らせる」と強く主張。


その頃信西は逃げる道中に穴を掘らせました。
清盛が戻るまで穴に入る。
何という発想でしょう。


藤原信頼、近衛大将になりました。
というか、自作自演?
源義平、軍勢を信頼に求めます。

清盛のいない平家一門は分裂直前。
意見がいろいろ別れますが、時子のツルの一言で話がまとまりました。


義平の大軍が待ち受けているという噂が流れ、都に入れない清盛。
信西は穴の中。
都の外の清盛。


しかし義平は都にいた。
義朝の命令で…。
何を考える義朝。

穴の中の信西、妄想の清盛に助けられたかと思いきや、それは敵。
見つかってしまった信西、自分で首を切り落としました。
清盛一歩間に合わず。

あら、直接対決は次回に持ち越しですか。

"大河ドラマ 「平清盛」 #26 平治の乱" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント