大河ドラマ「八重の桜」 #11 守護職を討て!

京都はさらにきな臭くなってきました。
そして会津も。

手柄を立てたい三郎。
しかし、それは叶わないようです。

佐久間象山の暗殺。
会津に与える影響も大きいようです。
とくに覚馬は大きな衝撃を受けています。

時尾からの手紙では城中の様子がわかります。
松平容保はだいぶ体調を崩しています。
もともとあまり体調が良くないんですよね、松平容保。

一方の長州は都で軍備を整えつつあります。
会津としては動きにくいところ。
一橋慶喜もまだ静観の構えのようです。
佐久間家の取りつぶし。
それに衝撃を受ける覚馬、秋月、広沢。
それに追い打ちをかけるような長州の動き。


佐川官兵衛との槍の稽古でコテンパンにされます。
親の反対を振り切っての入隊。
新式銃の願い出をするために志願をしたという三郎。
鉄砲の家は一段低く見られる。
そういうコンプレックスもあるんですね。

佐川官兵衛が山本家を訪ねてきました。
気持ちが素晴らしい。と。

八重と川崎がなんとなく接近してきています。

長州は着々と集結してきています。
そこに潜入する覚馬たち。
会津を討つ。
薩摩も討つ。
見つかったのですが、うまく逃げ切りました。
禁門の変が近づきつつあります。
しかし、一橋慶喜はまだじっくりと動きます。

その中で孝明天皇は長州討伐を決断します。

"大河ドラマ「八重の桜」 #11 守護職を討て!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント