大河ドラマ「軍師官兵衛」 #16 上月城の守り

いよいよ毛利との直接対決。
播磨が戦場になります。
そして、小寺家も分裂して・・・。

上月城への毛利の侵攻を2万と読んだ官兵衛。
現在挟み撃ちになっている秀吉軍。

守るために必死です。

姫路城代に職隆を任命する秀吉。
官兵衛が思う存分仕事ができるようにとの配慮でしょうか。

はりきる職隆。


吉田郡山城では、三道並進。
5万の大軍で登ってきます。

上月城の守りは700。
それで行けると押し切った鹿助。
でも、それは虚勢だったようです。

来襲兵を2万と読んでいる官兵衛。
とても勝負になりません。


荒木村重が援軍にきましたが、
面白くない村重。
上月攻めを拒否しました。

そんなときに半兵衛、喀血。


5万の兵と知った織田軍。
さすがに浮き足立ちます。
宇喜多直家の馬印が見えない。
「毛利にも織田にもつかない。」
そういう直家。
しっかり仮病です。


上月から逃げてきた。
そう偽りの投降をする井上。
しっかり毛利を謀っています。


荒木村重と腹を割って話したいという秀吉。
しかし、村重は頑なになっています。

せっかく援軍が来たのですが、三木城攻めのほうが大事と軍議が進みます。
秀吉と村重が上月へ。
そして、他は三木城へ。
上月への援軍はたったの1万。

光が志方城へ。
なんとか説得をしようとしているようです。
しかし、説得は失敗。

秀吉の直訴。
上月城への援軍を。
しかし、信長は「上月を見捨てよ。」と・・・。

"大河ドラマ「軍師官兵衛」 #16 上月城の守り" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント