大河ドラマ「花燃ゆ」 #39 新しい日本人

毛利敬親の病気が進んでいるようです。

毛利敬親、ほとんど遺言のような言葉を残していますが、
美和にも残すのね・・・。
そして、毛利敬親はホントに名君だったのでしょうか。



で、あっというまに、喪が明ける。
楫取が隠居を申し出ます。

廃藩置県で元徳は東京へ移住。
銀姫にとっては生まれ故郷に戻ることになるのですが・・・。
奥を閉じるのに結局最後に美和が説得というか、納得させるんですねぇ。


日出は上海にって、すごいなぁ。
美和は東京へ行かず、萩へ戻るようです。

銀姫、新しい生活を楽しんでいるようです。


萩の杉家にも文明開化の流れが。


楫取家も萩の郊外に。
慣れない畑仕事に精を出す楫取。
しかし、そこにも幕末のしこりが・・・。

岩倉遣欧使節団の不平等条約改正はうまく進まず。
国内は西郷留守政府が取り仕切る。
楫取は荒れ地を開墾しようと精を出す。

そんな時、久坂の子が萩に・・・。

農家になった楫取がこの後どう出世していくのか、
そして、美和との結婚は??

"大河ドラマ「花燃ゆ」 #39 新しい日本人" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント