大河ドラマ「真田丸」 #21 戦端

秀吉の天下統一過程で残るは北条。
秀吉の狂気も増してきます。



家康と秀吉の会談で北条討伐について語られます。
秀吉は北条征伐を望んでいます。
それは利休の後押しがあるようで・・・。


子どもを産んでいない寧と阿茶。
茶々の言うことにイマイチピンと来ていません。
阿茶は家康の側室。
当然家康の耳にいろいろな情報が入ります。



世継ぎ誕生でほっとすると話す秀次。
でも、この後多くの波乱が待ち受けています。


秀次はきれいな和紙で。
作兵衛は鳥の羽で風車を・・・。

信幸は稲に手を焼いている様子。
そこに「またも」本多忠勝がお見舞いに。
信濃と駿河を行ったり来たり。
どんだけ暇なの。


北条氏政。
鷹狩に出かけていたようで。
そこに本多正信が来訪。
しかし、氏政はその会談を蹴ろうとします。が・・・
真意を悟り、対談に臨みます。
氏政、家康に「秀吉につかぬ」と宣言。
しかし、家康も本心(?)を伝えます。
「長いものにまかれろ」
「これからも関東の覇者としていてほしい。上洛し、形だけでも秀吉に頭を下げる。みなそうして参った。家と領地を守るため・・・。」
「いずれ北条は、秀吉を倒す。」

北条は上洛の条件に沼田を要求。
光成はその話を進めようとします。
信繁、昌幸に沼田の件を伝えますが、怒る昌幸。
大谷吉継、話し合いでの談判を持ち掛けます。
家康を仲介役に秀吉の面前で氏政と戦う。
しかし、氏政がそれを拒否しました。
結局氏政も家康も来ないことに。
それに激怒した昌幸が拒否を!
なんだ、頭首不在の会談か。
中途半端な会談・・・。

沼田がきっかけで戦に??

"大河ドラマ「真田丸」 #21 戦端" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント