大河ドラマ「真田丸」 #24 滅亡

ついに北条家が滅亡・・・。
秀吉の天下統一が目の前です。
そして、伊達政宗の動きがまだまだ気になります。

なぜ小山田が小田原城内に?
とてつもなくいいことを言わずに信繁、板部岡に連れられて行きます。
そして、氏政の前に。
氏政、厚化粧です。
近づかせたところをいきなり氏政、殺害命令です。
真田への恨みつらみがそうさせているようですが、
信繁、必死の説得です。
家康の書状を読み始める氏政。
「決して負けぬ」「しかし勝てない」
氏政、ほとんど情勢を理解していないようです。
まわりの城がほとんど落ちている。
「華々しく戦国の世に幕を引きたかった。」


信繁は生きて帰った。
松が生きていたことを小山田に知らせる信繁。


昌幸たちは八王子城へ。
ところが、忍城へ逆戻りの命令。


氏政は氏直を呼びつけました。
そして、氏直が降伏。
秀吉は氏政の切腹を申し付けます。
家康は氏政を助けようとしますが、すでに氏政も覚悟を決めている様子。
家康は上杉・真田を連れて氏政へ生きるための説得を試みます。
しかし、氏政は死ぬ覚悟。
そこに昌幸。突拍子もないことを言い出しますが、それでも氏政の覚悟は固い様子。


氏政、汁かけ飯を。
いっぺんにかけましたねぇ、汁。


利休は北条にも鉛を売っていた。

そして、忍城はまだまだ落ちず。
光成は水攻めにこだわります。
しかし、そこで、昌幸、説得にかかります。
氏政の兜を使って噂を流す。
あっという間に広がった噂。
忍城は開城しました。

昌幸、伊達と話をしたがります。
東国の武将が立ち上がれば、秀吉に勝てる。
伊達にかける!

その伊達は秀吉の前で餅つきをさせられています。
そして、秀吉におべっかを使っています。
昌幸、微妙な表情です。
結局、政宗をもってして東国の武将を立て、反乱を起こす・・・。
その目論見は立ち消えました。

秀吉は真田を一気に厚遇します。
家康にとっては複雑な心境。

政宗も微妙な心境。
もう少し早く生まれていたら。もう少し京に近い所で生まれていたら・・・。

豊臣の世は長くは続かない・・・。

"大河ドラマ「真田丸」 #24 滅亡" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント