大河ドラマ 「義経」 義仲最期

画像
搦手に回る義経。
これから、連戦連勝の義経の戦が始まります。

あ、クレジット(っていうんですか?)で、後白河法皇(平幹二郎)が一番最後に来ましたよ。
清盛(渡哲也)亡き後、頼朝(中井貴一)が来ることが多かったんですが、
頼朝もでないとなると、やっぱり後白河法皇なんですかねぇ。

法皇を伴って北国に行こうとした義仲に
行家裏切りの報!!
不利と知るやあっというまに裏切る行家。
もう、保身しかないんですねぇ。

こうなると、義仲に勝機はありません。

ところで、まともに戦いの映像が出てきたの、初めてじゃない??

いざというときに、都から法皇を連れ出す手はずがついている。
本当でしょうか?
あの平家からも逃げおおせた後白河ですぞ。
逃げるでしょ~~。

丹後局の後ろに隠れる後白河法皇。
鎌倉勢と知って、そろりと出てきました。
そして、急に堂々とする妖怪二人
おいおい、態度を変えすぎでしょ~~。

鎌倉に残る義高の身の上を案じ、
巴と別れます。
「源氏の棟梁としての天下を目指したのに、
このような仕儀にいたったのは、なぜなんだ??

どこで行く道をたがえたか。
もしくは初手から。
あのまま木曾から出なんだら・・・。


義仲を追討して、急に権威を取り戻しました、後白河。
この変わり身。すごいですねぇ。

院のまわりの警護を任せられました、義経。
「わきまえることを存じておりまする。」
義経を徹底的に使おうをしている、妖怪二人。
でも、これがのちのち世紀の兄弟げんかにつながっていくとは・・・。

義仲の最期。伴の今井兼平の最期。
怖いです。
矢が額に刺さったまま、「日」を見ながら死んでいく義仲。
それを見て、今井兼平、口に刀を差込み自害。
迫力でした・・・。


海の平家。
福原にとどまる平家。
皮肉なことに、清盛の命日近くに、
清盛が助けた頼朝、義経の軍勢に京を取られました。
天然の要害福原で、迎え撃つようです。

動けば道が開ける。
確かにそうかもしれませんが、
この動いたことで、自らの道を閉ざしていくんですよねぇ・・・。

因縁の屏風が出てきました。
なんか、このまま最期のときまで出てきそうですねぇ。

でたぁ!!

裏切り者、行家!!


「早くから義仲と別れたぁ??」
おいおい、口からでまかせ。すごいです。
鎌倉に行家を差し出さず、自らの息子を差し出した義仲を、
自らをかばった義仲を、
バカにし、罵倒する行家。
そりゃ、聞いているほうは腹が立ちます。
「こいつは信用できん・・・。」と。

蛭子さんの演技。やっぱりどうにもなりませんねぇ。
常盤は白髪が増えてきましたね。
郎党を紹介していますが、


ロクなのがいません。

京の浮浪者、叡山を追い出された法師、盗賊、船乗り・・・。
まともなのは秀衡家臣の佐藤兄弟くらいでしょう。

兄と妹が源氏と平家に別れた。
妹は平家とともに都落ち。
会えぬ妹がいるのに、
会える兄がいるということは、常盤にとってはつらいことでしょう。


 ←常盤の笛が、義経の心にひびきわたります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年06月26日 20:59
ようやく本格的な合戦シーンが出てきましたねえ。
夏に向けて、こう、スカッとするような展開を期待したいんですけど、
そうもならないような演出の流れかも・・・
2005年06月26日 21:17
まぁ、これから夏にかけて海の上での合戦があると思うので・・・。
少しは涼めますかねぇ。
トーベのミー
2005年06月27日 02:55
本格的合戦シーンが嬉しいながら、
馬上で刀を振り下ろすだけのワンパターンを「やめい!!」と
ツッコミいれておりました。
tosu
2005年06月27日 05:53
蛭子さん、やっぱり違和感ありますね。私もそう思います。
里々
2005年06月27日 18:06
初めまして、こんにちは。
「鎌倉恋情」の里々と申します。
保存を誤り、何度もTBを送ってしまい、申し訳ありませんでした。
1件以外の削除をお願いします。
ご迷惑をおかけしました。
2005年06月27日 20:45
>トーベのミーさん
あぁ、たしかに。
馬の上で終わっていましたねぇ。
それでもこの大河の中では、一番しっかりしていた戦いだった気がします。

>tosuさん
そして、あの蛭子さんがそれなりに偉いはずの
「大蔵卿」
だということが、さらに違和感を増幅させてくれます。

>里々さん
いえ、とんでもないです。
これからもよろしくお願いします。
ヘーゾー
2005年06月27日 21:16
義経の家礼は紹介するのに遠まわしに言わなきゃいけないってのが難儀な所ですよね~。
佐藤兄弟みたいなのが増えればよかったのに、って思います。
ミチ
2005年06月27日 21:19
こんにちは。
ロケは評価したいんですけど、あまりに浅そうな川でしたね~(笑)
ヒロ子
2005年06月27日 21:26
やはり後白河法皇から目が離せませんね。
2005年06月27日 22:03
>ヘーゾーさん
郎党が「個性派ぞろい」ですからねぇ(がんばってよく言ってみました)。

>ミチさん
う~ん。
やっぱりタッキーを危険な目にあわせられないということでしょうか?

>ヒロ子さん
どんどん妖怪化しています。
ちこりん
2005年06月29日 11:59
義仲様の最期・・・。お見事です♪矢が眉間のど真ん中に刺さるのはちょっとオーバーだったかもしれませんが、深田に馬の足をとらわれもがいているところを射殺される・・・というあまりかっこよくない死に様の通説を見事にひっくり返してくれました♪兼平殿もお見事でした(欲を言えば「みよ!これが武士の死に様よ!」と一言言ってくださってたら尚迫力あったかも♪)。

例の屏風、ryiさんもそう思ってましたか♪私もです♪
この屏風、今回の大河のキーマン的存在になるかもしれませんね♪九朗様の最期まで御登場お気配有りです♪
2005年07月01日 19:52
あぁ、そういう台詞があったらまた違っていたかもしれませんねぇ。
ゾクゾクっと来た場面だっただけに・・・。

屏風と手古奈がこれから気になります。
みとっ子
2006年02月17日 19:16
突然ですが、「功名が辻」のことなのですが、変換ミスしているような気がします。訂正のほどを..。それとも、制作者の方の意図なのでしょうか?
2006年02月19日 09:35
あ、ほんとですね。
気がついていませんでした。
ありがとうございます。

この記事へのトラックバック

  • 義経25 秘儀!手の平返し~~~!

    Excerpt: 行家様ったらもう! Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2005-06-26 20:55
  • 義経 25話『義仲最期』

    Excerpt: 木曾義仲は、私的にはかなり好きな人物でした。 朝日将軍。 まさにその名の通り輝き昇った人物かと。 さて、義仲の最期は、やはり額に矢を受けて――でしたか。 まぁ、どの源平合戦でもそう描かれるので、.. Weblog: 一人十色 racked: 2005-06-26 21:55
  • 大河ドラマ義経 第二十五回 「義仲最期」

    Excerpt: 義仲が・・・ つДT) というわけで、タイトル通り木曽義仲が討たれてしまう話です。範頼、義経らが率いる鎌倉勢に追われ都を落ちる義仲。そして、範頼の部下に討ち取られてしまいます。 今回のベス.. Weblog: Ademのぶる~ぼっくす racked: 2005-06-26 22:53
  • タコは哺乳類だモーン#25

    Excerpt: ■一目会ったその日から、恋の花咲く…(略「ウホッ!!いい男」そんな法皇の心の声が聞こえてきた今回の義経。初めに顔を見せたのが郎党達だったので、きっと効果は抜群。それにしても妖怪コンビは初対面で義経の .. Weblog: マバンヤ様がみてる racked: 2005-06-26 23:11
  • 『義経』25「義仲最期」

    Excerpt: 大河ドラマ『義経』 第25回 「義仲最期」「ついに鎌倉殿の御為に働く時が到来した。」これまでも何度か登場した台詞であるが。。前回をはじめとする今の義経には、戦うことを心待ちにしていたというところは全く.. Weblog: strの気になるコト TVと歴史と音楽と。。-str-ブログ-  racked: 2005-06-26 23:47
  • 第25回 「義仲最期」

    Excerpt: 今日はやっぱり義仲(小澤征悦)でしょ!って見始めたんですが、そうでもない見所が沢山ありました。 とはいえ、やっぱり義仲の壮絶な討ち死のシーンは、心打たれました。 戦で破れ追われる立場になり、敵.. Weblog: TOSUの旅行のススメ (ブログ) racked: 2005-06-27 05:58
  • 義経25沈む旭と昇る旭

    Excerpt: いよいよ義経、大河ドラマ主役の面目を果たすときが来たwww 「遂に鎌倉殿のために働くときが来た、吾らの手で木曽殿を討つ!!」 そーそ、その調子で行くのだ義経クン。弁慶はじめ義経郎党も勢いづいて.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2005-06-27 09:29
  • 黒毛に赤い鎧は、絵として見事だけど

    Excerpt: 義経さんは合戦が見所だろう・・・と手に汗して待っていた隠居、肩透かしでつんのめる。あぁ、節約モード満載の、何とも地味な宇治川の闘いでした。 義経さんの魅力は闘うシーンにあり、スローモーションで疾走す.. Weblog: Patra Ichida @ Blog racked: 2005-06-27 13:42
  • 悪口雑言お見事でござる!!

    Excerpt: 『義経』第25回「義仲最期」 満を持しての、義経初陣!! 宇治川の合戦です 源平の今までの合戦名場面は、期待しつつ、そのたび裏切られましたが 今回ばかりは、主役義経がらみの合戦!!.. Weblog: 日々是平安 racked: 2005-06-27 14:33
  • 義経 第25回「義仲最期」

    Excerpt: 大河ドラマ『義経』も 今回でちょうど半分まできました。(全49話) ちなみに 来年の大河ドラマは 『功名が辻』  ・・・ 山内千代(やまうちちよ)に間由紀恵(なかまゆきえ)、 山内一豊(やまうち.. Weblog: みはいる・BのB racked: 2005-06-27 15:04
  • 大河ドラマ 義経 第25回

    Excerpt: 義仲最期でした。 あのシーンだけ見られたなら、私は満足でした。 たとえ、義仲がどれほど山猿よばわりされていようと、ストーリーに矛盾を見つけちゃっても、戦闘シーンが少し物足りないとか思っても……(ゲ.. Weblog: 古びた森小屋 racked: 2005-06-27 15:06
  • 義経 第25回 「義仲最期」

    Excerpt: 最近長く書きすぎなので、ちょっとずつまとめて書こうと思います。 ●義仲最期 タイトルにもなっているのに、何だか描写が少ないような…。 先週の予告の「どこかで行く道を違えたか」と言うのは好きだ.. Weblog: 鎌倉恋情 racked: 2005-06-27 17:59
  • 義経第25話

    Excerpt: 1日遅れでお送りする‘ヘーゾーの義経ぶった斬り!!’のコーナーです。(何時付けた Weblog: こんなの誰も読んでねぇだろうから好き勝手に書くぜ!! racked: 2005-06-27 18:42
  • 「義経」第25回

    Excerpt: 「義仲最期」 テーマ曲の前の説明の時間が大好きです。 歴史の授業を思い出すなぁ~。 今回は戦法の定石【大手】と【搦手】の説明でした。 搦手(からめて)にはスピード・勇気・判断力の3つが必要とされました.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2005-06-27 21:16
  • 義経:25回「義仲最期」

    Excerpt: 戦う巴御前,かっこよすぎです。凛々しいのに,女性らしいところもあって,小池栄子, Weblog: 食う♪読む♪歩く♪ racked: 2005-06-27 21:27
  • 義経・第25回

    Excerpt: ようやく合戦ロケ。しかしやっぱり歴史的な事柄はスルーしますか…物足りない…物足りなさすぎる…義経がうじうじ悩んでるシーンをもう少し減らしていいから、もっと源平合戦を描いて欲しい…といっても、今回のこの.. Weblog: wayside plum racked: 2005-06-27 22:55
  • ●源頼朝●~義経西へ(1)

    Excerpt: 兄弟の対面後、木曾義仲が破竹の勢いで平氏軍に連戦連勝し、平氏を都から追い出して頼朝よりも先に都入りを果たしましたが、、入京後の治安は悪化し、頼朝上洛を望む声が高まりました。 1183(寿永2)年の閏.. Weblog: 源氏の歴史<NHK大河ドラマ「義経」をもっと面白く見るために> racked: 2005-06-29 11:50
  • ����Ǵ�

    Excerpt: �콵�֤��٤�ƴѤޤ���������߽��ԤΥڡ����Ǥ����ˡ����Ƥ�Ѥ�p����ĥå��ߤɤ������ܤ�ʷ�ϵ���ɺ�äƤ��ޤ��� ���٤�$��ޤ����������ȥ.. Weblog: Bloggin' Melvin racked: 2005-07-03 10:26