大河ドラマ「八重の桜」 #13 鉄砲と花嫁

なんか、東京スカイツリーからの電波発信だとか・・・。
これって、もしかして、ずっとL字の枠が出ているのかなぁ。
再放送の案内まで出ているし。

で、蛤御門の変を経て、いよいよ幕末の色合いが濃くなってきました。
おぉい。
電波が乱れているぞぉ。
音だけの放送になっちゃいました(/ω\)。
ありゃりゃ。再放送で見るしかないようです。


ということで、再放送です。
佐川官兵衛は別選組という隊を率いるようですが、、
新選組の別というニュアンスが強く出ている気がするのは私だけでしょうか。



秋月が八重の家を訪ねます。
鉄砲を素晴らしいと絶賛しています。
そして、もし、川崎が会津を離れるならと進言します。

佐久間象山の死の知らせは川崎の心を大きく動揺させます。


長州攻めが決まらないことに佐川官兵衛はイライラしています。
そこに、四国艦隊砲撃の知らせ。
長州の動きが変わりました。


川崎の工夫した銃、試し打ちを川崎自らが行う。

おぉーっと、ここでプロポーズですよ、川崎。
すでに、父親公認。
ところが、八重が断ります。
「尚之介さまを会津に縛り付けてはなんねぇのです。」
それでも、川崎は会津で生きることを宣言します。
山本家、バタバタし始めました。


西郷と勝の初対面。
共和政治を説く勝。
幕府は熟しすぎた柿。
しゃべりすぎたことを後悔する勝海舟。
そして、西郷は長州に恭順を進めるよう進言します。

「江戸城の連中は何も知らぬ」
一橋慶喜も怒り心頭です。

八重の祝言についていい考えを秋月に伝える西郷頼母。
仲人になった秋月家からの嫁入り。
化粧をしてきれいになった八重を見て驚く秋月。
おぉ。さすが綾瀬はるか。すごいですねぇ。
演出も素晴らしかったです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック