大河ドラマ「八重の桜」 #23 会津を救え

会津戦争が目の前に迫ってきました。
慶喜の身代わりとなる会津。
その結末がわかっているだけに、とても痛々しいです。
そして、山本家では弔い合戦の様相。
覚馬の叫びが届くことはあるのでしょうか。


うらは覚馬が死んでしまったと思い、家にこもっています。
そのうらを連れ出した八重。
薙刀へ連れ出しました。

寛永寺に謹慎中の慶喜。
江戸で将軍として君臨しなかった慶喜にとっては、違和感があるようです。
このまま水戸へ。謹慎の旅です。
いまさら会津を慮っても・・・。
と思ったら、気持ちを切り替えました。って早すぎでしょう。

仙台藩・米沢藩が会津藩に恭順を進めます。
総督府の意のままにならぬために、奥羽全土が一丸となろうとしています。

斎藤一の変名、「山口」二郎に佐川官兵衛が反応します。
って、ほかに反応しないのがおかしい気も。
まだ、この頃は山口って言われてなかったんでしょうかね。


近藤勇は処刑され、
土方歳三は刀の時代の終焉を見る。
新選組にとってもつらい幕末の戦争です。
お、ここで、斎藤一と高木時尾の出会いですか。

米沢藩士が鉄砲を教わりにやってきました。
八重に教わるので、顔を赤くしています。

奥羽列藩同盟。
世良修蔵は怒り狂っています。
会津を打たないなんてことはありえない。
江戸の広沢もなんとか会津討伐を思いとどまるよう、西郷隆盛に直談判を願い出ます。
しかし、その前に結局捕まってしまいます。
そりゃ、そうだ。

世良は酔っ払って大虎です。
そのうえ、都への密書を途中で奪われます。
そこには奥羽を全て撃てとの進言。
それを見て、怒った藩士は世良の首をはねてしまいました。
和議の道は閉ざされた。
一気に戦への機運が高まります。

白河城攻撃。
会津の大砲の弾は敵陣に届かず。
この辺に軍政改革の進まなかった会津の失敗です。


奥羽越列藩同盟は結成されましたが、
いかんせん、武器が旧式。
八重はけが人の治療のために城に向かいますが、
様子を見て絶句。

獄中の覚馬。
「どこで間違った・・・。」
やはり、京都守護職を受けたところでしょうね・・・。
「豊かな道をさがすはずだった。それなのに会津は今滅びの道を進んでいる・・・。」
同じ獄中にいる弟子?とえらく容貌が違います。
なんで、覚馬はあんなにヒゲぼうぼうなのに・・・。


刻一刻と戦火が会津へ迫る。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2013年06月09日 21:01
こんばんは~
大砲の性能の違いが戦力の決定的な差だったのでした~~~!どんな大砲も届かなければただの花火ですものねえ。
京都守護職なんか引き受けなければ、あるいは孝明天皇がもう少しご長命であったなら、悔やんでも悔やみきれない思いでしょう、特に西郷頼母様あたり・・・
2013年06月09日 22:26
歴史にifはないですが、止まれるところは多々あったなぁと、あとになっているからわかる話ですが。
まろ
2013年06月11日 00:19
会津藩って相変わらず、政治・外交面では全く…後先考えられないのかなぁ(呆)
恭順と抗戦の二枚腰外交という、この情勢下では考え得る最悪の選択肢に走ってしまってます。恭順の姿勢を示すのであれば、其れこそ慶喜の様に会津に入ろうとする旧幕府軍らを締め出す位の手段に出なければいけませんねぇ。
会津藩は「嘆願書を無視された」と述べていますが、長州藩は三家老等重幹部を処刑してやっと【無条件降伏宣言】を受諾する準備を進めましたが、会津藩は其の動きは一切見られず、後に【奥羽越列藩同盟】結盟の際に『相馬中村藩』から【会津藩の謝罪嘆願態度】に苦言を呈されています。

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「八重の桜」第23回

    Excerpt: 戦火拡大… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201306090003/ 八重の桜 後編 (.. Weblog: 日々“是”精進! ver.F racked: 2013-06-09 20:45
  • NHK大河ドラマ「八重の桜」第23回「会津を救え」

    Excerpt: 我らは忘れじ会津~会津~会津~・・・うううう。いよいよ佳境の山場に差し掛かってまいりました。寄ってたかってスケープゴートにされつつある会津!地獄の死者到来?でもそこに手を差し伸べるご近所様の支援の輪!.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2013-06-09 20:49
  • 『八重の桜』第23回

    Excerpt: 会津を救え Weblog: 悠雅的生活 racked: 2013-06-09 20:50
  • 【八重の桜】第23回 「会津を救え」感想

    Excerpt: 慶応4年(1868)3月、新政府軍が仙台に到着。参謀・世良修蔵(小沢仁志)らは、仙台藩に 会津討伐の命を下す。しかし、理不尽さを感じる仙台藩は、米沢など奥羽の他藩と結束し、 会津救済の嘆願書を.. Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段 racked: 2013-06-09 20:50
  • 大河ドラマ「八重の桜」信念の人23容保の首の降伏条件に奥羽各藩は新政府軍に同意できず会津救済のために新政府軍と戦う決意を固めた

    Excerpt: 大河ドラマ「八重の桜」第23話は奥羽討伐を進める新政府軍は仙台藩に会津討伐を命じる。しかし仙台藩は条件が容保の首という事に難色を示し奥羽諸藩と会合を持つ。そしてそこで ... Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2013-06-09 20:53
  • 八重の桜 第23回 会津を救え

    Excerpt: 『会津を救え』 内容 慶応四年、会津へと新政府軍が迫っていた。 仙台へと入った新政府軍は、会津討伐を仙台藩に命じる。 そのころ、会津では。 ふさぎ込むうら(長谷川京子)を連れ、薙刀の稽古へと向か.. Weblog: レベル999のgoo部屋 racked: 2013-06-09 20:57
  • 〔NHK大河ドラマ〕八重の桜 第23回「会津を救え」 小沢仁志演じる長州・世良修蔵とは?!

    Excerpt: 小沢仁志が出てきた瞬間に、天下の「大河ドラマ」がやくざモンの「Vシネマ」化してしまった。 ただ、あの奥羽鎮撫総督府下参謀・世良修蔵のお下品な、そして無礼千万は振舞いは 『世良はもしかしたらこの革命がな.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2013-06-09 21:37
  • 八重の桜~第二十三話「会津を救え」

    Excerpt: 第二十二話「弟のかたき」はこちら。 前回の視聴率は13.3%と不調。悲惨な展開は Weblog: 事務職員へのこの1冊 racked: 2013-06-09 21:39
  • 大河ドラマ「八重の桜」 第23話 あらす...

    Excerpt: 開戦---------!!ついに戦いの火蓋が切られてしまいました。慶応4年(1868)3月、新政府軍が仙台に到着。参謀・世良修蔵(小沢仁志)らは、仙台藩に会津討伐の命を下す。しかし、理不尽... Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2013-06-09 23:26
  • 大河ドラマ「八重の桜」 第23話 あらすじ感想「会津を救え」

    Excerpt: 開戦---------!! ついに戦いの火蓋が切られてしまいました。 慶応4年(1868)3月、新政府軍が仙台に到着。 参謀・世良修蔵(小沢仁志)らは、仙台藩に会津討伐の命を下す.. Weblog: ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ racked: 2013-06-09 23:27
  • 【八重の桜】第23回視聴率と感想「会津を救...

    Excerpt: 第23回の視聴率は6/10(月)追加予定】「会津を救え」新政府軍の参謀の世良修蔵(小沢仁志)、嫌な奴でしたね。こんな奴がよく参謀になれましたね(汗)折角、奥羽25藩が会津救済の嘆... Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2013-06-09 23:57
  • 「八重の桜」 第23回、会津を救え

    Excerpt: 大河ドラマ「八重の桜」。第23回、会津を救え。 奥羽越列藩同盟の成立~会津戦争へ。 会津(と庄内藩)を救うため、東北の藩が協力します。 Weblog: センゴク雑記 racked: 2013-06-10 00:04
  • 八重の桜 第23回「会津を救え」~どこで道を間違えたんだろう。俺には何も出来ねえ

    Excerpt:  今回の話を見ると戦争がどのようにして起きるかがよくわかる。  緊張関係。  武力で勝る側は戦争で白黒つけたくてがない。  しかし、もう片方は軍事ではない、政治による落としどころを探る。  一触即発。.. Weblog: 平成エンタメ研究所 racked: 2013-06-10 09:26
  • 『八重の桜』第23回「会津を救え」★怖すぎる世良修蔵(小沢仁志)、酒池肉林が命取り!?

    Excerpt: 『八重の桜』第23回「会津を救え」 仙台の奥羽鎮撫使宿舎。 説明しがたいワイルドな髪型でVシネマ顔の奥羽鎮撫参謀・世良修蔵(小沢仁志)がクソ偉そうにしています。 世良(小沢仁志)が酒焼け.. Weblog: 世事熟視~コソダチP racked: 2013-06-10 17:46
  • 戦火の足音 ~八重の桜・会津を守れ感想~

    Excerpt: 甲陽鎮撫隊として敗れた後、新選組の近藤勇は罪人として打ち首となり、残ったメンバーは会津に逃げる。 家族は新選組がすべての火種と言っていたけど、どんなものだろうね。 禁門の変以降、会津に対する薩長... Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2013-06-10 20:23
  • 八重の桜 第23回「会津を救え」

    Excerpt: 大河ドラマ『八重の桜』のお時間です。 あらすじ・・・・ Weblog: みはいる・BのB racked: 2013-06-11 20:31
  • 八重の桜 第23回「会津を救え」・・・

    Excerpt: いよいよ今年の大河ドラマの山場、戊辰戦争突入の回となってきました。ここで魅せてくれないと後半は厳しいでしょ?正直、のどかな時代の部分は期待していないし。。。 今回の部分は細かいところを描いてたかなー.. Weblog: 人斬り藤次郎の雄叫び racked: 2013-06-12 04:53
  • 八重の桜 第23回 「会津を救え」

    Excerpt: 奥羽越列藩同盟で会津を守れ!な回。 いつの間にか新選組の局長は亡くなっている。 土方 「斉藤、刀の時代は終わったな」 新選組は旧式なものにこだわる人達として描かれている模様。 .. Weblog: 青いblog racked: 2013-06-16 17:21