大河ドラマ「軍師官兵衛」 #17 見捨てられた城

見捨てられた尼子。
「上月は見捨てよ。」
「今織田に必要なのは信用ではない、毛利を倒すこと。」
と信長、上月城を捨てます。
隆盛を誇ったあの尼子も最後です・・・。


表の兵を置いて、わしらだけが逃げるわけにはまいらん。

山中鹿之助も、息絶え絶え。
秀吉の降伏勧告を受け入れ、毛利に降る決心をしたようです。


小早川隆景の言うとおり、信用を捨てた織田軍。
このあとの苦戦が目に見えてきます。
荒木村重の
「所詮は使い捨てか・・・。」
は完全にこのあとを予告していますね。

尼子勝久は自害。
山中鹿之助に「生きよ。」と命令します。
刺し違えるはずだった山中鹿之助。
謀略で落命。


上月城落城から、播磨はまた激震。
織田への信用が揺らいでいます。

職隆は御着を警戒しています。
その予想通り政職、揺らいでいます。


官兵衛は半兵衛と上月城の処理について語り合っています。
半兵衛は
「鹿之助を救えなかったことで、己を恥じている。ほかに策がないから秀吉も従った。」
と官兵衛を諭します。
「今大事なのは毛利の大軍を食い止めること。今やれることをする。」

官兵衛は密書をもたせ、撹乱作戦に出るようです。


村重をさらに追い詰める事件。
光秀は励ましますが、村重は不信の塊となっています。


官兵衛の攪乱作戦が功を奏しています。
そんな時に、宇喜多直家着陣。
斬りたい毛利とそれを防ぎたい宇喜多。
微妙なラインでの駆け引きです。
宇喜多が信用ならない。
そう感じた吉川元春と小早川隆景は引き上げて、まもりを固めることにしました。

逆に見捨てられる志方城。
櫛橋左京進は自害。

秀吉、村重の裏切りを予告するようなことを言っています。
完全に伏線を置きにきています。
そして当然のように安土に呼ばれる村重・・・。
完全に決意の目です。


そして、御着ではキーパーソンの命の灯火が消えようとしてます。
このお紺の死が御着の運命を変えます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック