大河ドラマ「軍師官兵衛」 #18 裏切る理由

ついに三木城を兵糧攻めに。
そして、荒木村重の謀反が!!


荒木村重、安土召喚。
信長の詰問を受けます。
しかし、信長は不問に付しました。
荒木村重の力を信頼している信長。

しかし、それが村重に伝わっているかは・・・。



姫路で、官兵衛が後藤又兵衛に稽古をつけています。
姫路での平和なひと時。
嵐の前の静けさといったところでしょうか。


一方長浜。
松寿丸は一心不乱に稽古に励んでいます。
寂しさを紛らわすために。


信長の本願寺攻めは膠着状態。
身動きがとれなくなっている様子です。

官兵衛は宇喜多忠家を調略にかかります。
そこで気になることを言う忠家。
「西の方ばかり気にしていると背後から襲われる。」
これは、完全に荒木村重を意識しているのでしょう。


御着の殿は呆けています。
「碁ならもとに戻せるが、人の命はそうはいかん。」
お紺が死んだことがかなり響いているようです。

官兵衛は御着の殿の裏切りと睨んだようですが、
そんなこともできない状態です。


本願寺に兵糧を運んでいたのは、なんと村重の家のもの。
激震の荒木家。


そして、その村重の異変を信長に知らせる細川藤孝。
光秀らは有岡城へ確認へ向かいました。

秀吉も安土へ急行。
村重謀反の噂はあちこちで火を噴いています。

一度疑ったものは許さない。
その信長の気性を知っている中川清秀は殺されると進言。
秀吉は有岡城行きを申し出ます。
信長は全く疑っていない、疑いたくないという気持ちなのでしょうか、
再度秀吉・光秀を城へ遣わすことにしました。


安国寺恵瓊のささやきが荒木村重を動かそうとしています。
生き残るためには・・・。

ついに荒木村重
「信長を信じることなどできぬ!!」
と謀反宣言!

泥沼の西国。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック