大河ドラマ「軍師官兵衛」 #37 城井谷の悲劇

豊後入りした黒田家。
そこに立ちはだかる国人衆。


そして長政が突っ込んでしまいました。
官兵衛は兵を温存する作戦に。
場合によっては長政を失うことにもなりかねません。

そしてしっかりと宇都宮鎮房の罠に引っかかる長政。
完全に包囲されています。

が、なんとか戻ってきた長政。
どうやって突破した??

そんな長政を官兵衛は張り倒します。
「同じことを繰り返す気か!!」
城井谷を攻めるためにどうするか、自分で策を考えよ!
と突き放します。

城井谷では祝勝の宴。
完全に舐めきっています。

長政を叱咤激励する糸。
強いなぁ。

長政は小早川隆景、安国寺恵瓊に策を言うことに。
長政の考えた策は兵糧攻め。
時間をかけてよければそれでいいのですが、
秀吉が怒っていることを考えると時をかけるわけにはいきません。

宇都宮を孤立させ、恵瓊を和睦の使者として送ります。
黒田の家臣として生き残るか、伊予への国替えか。
結局宇都宮は黒田家の家臣となる道を選びます。

秀吉は肥後の一揆があまり収まっていないところから佐々成政の処遇を考えています。
そして、宇都宮を家臣にしたことに怒る秀吉。



佐々成政は大阪で申し開きをしようとしています。
しかし、官兵衛はそれを止めます。
予想通り石田三成にそれを阻まれます。

肥後の一気を収めに行っている官兵衛に、秀吉は宇都宮追悼を命じます。
善助がそれを止めようと秀吉に会いに行きます。
が、秀吉の気持ちは変わらず。
結局官兵衛は決断します。

長政、鎮房暗殺を命じられたのか??
それを敏感に感じた鎮房。
結局酒ではなく暗殺。

そうするしか黒田の生きる道はなかったのか・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック