大河ドラマ「花燃ゆ」 #30 お世継ぎ騒動!

長州征伐が行われようとしています。
椋梨は幕府への恭順を決める・・・。

そして、高杉・桂の捕縛令を出す椋梨。


一方奥の美和。
おはぎづくり・・・。


表では椋梨の粛清の嵐。
小田村にも詰問の嵐・・・。


それにしても、オープニングまでが長いなぁ。



美和は何とか高杉と連絡を取ろうとしています。
しかし、頼った銀姫に一蹴。

そして、小田村も投獄。
しかし、なんでそんな情報、持っているの、鞠。



美和は羊羹づくりを作ることで、世継ぎを・・・。
って、企みがバレバレです。

結局、その企みにのる銀姫。


しかし、それも椋梨にはお見通しな感じです。


しっかり、美和、命日に墓前に羊羹を備えたいと申し出、それに許可を得ます。



その高杉、なんと野山獄に現れます。
小田村と面会。
って、ここ、一番危ないところじゃない??

さらに、小田村、討幕をほのめかします。
ここで、そんな話をしてもいいの??


高杉小忠太、野山獄に登場。
そして、高杉晋作に対して、絶縁宣言。
子を自由にしたというか、なんというか・・・。


結局、羊羹は高杉家に届いたんですね。



高杉は萩から脱出。
その疑惑は当然美和に。
奥からの退去を命じられたと思ったら・・・
そこに登場、銀姫。
子ができたって!!
なんていうタイミング。
恩赦ですか。


でもまだ不穏な雰囲気。



ところで、どの辺がお世継ぎ騒動??

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック