大河ドラマ「いだてん」 #39  「懐かしの満州」

志ん生、満州へ。
空襲で家が焼けたのに、追い出されるって・・・。

あれ、オープニングが短い?

満州へ行った志ん生と圓生。
沖縄陥落とともに、ソ連軍参戦のうわさを聞き、
さらに、原爆投下。

そして敗戦。

志ん生、圓生、小松、3人取り残されています。

志ん生の「富久」。

落語の世界にどっぷりです。


手紙を投函しようとしたその瞬間、
ロシア兵に囲まれる小松。

「志ん生の富久は絶品」
は絶筆だったんですね・・・。

ようやく引き上げ船が出るときに、
満州でまさかの美川。

何とか乗り越え、
寄席の高座に。

今週は志ん生物語でしたね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント