大河ドラマ「いだてん」 #47  「時間よ止まれ」

いよいよオリンピックの開幕。
朝から緊張する四三と田畑。

当日もいろいろあります。

四三は聖火ランナーの坂井を励ましに。
聖火ランナー出発が直前なのに、
弱気になる坂井。
まさか、上から水をかぶせました。

コンゴの旗手、ヨンベもうろうろ。

実際の映像を使いながらですね。


ここでオリンピック。
戦地に送り出したあの地で。
平和の祭典が。

聖火は最終ランナー坂井へ。


聖火を点火した坂井のすがすがしい笑顔と、
複雑な心境の四三。

そして、ブルーインパルスの五輪も初めて成功。


あら、志ん生をのせているタクシーの運転手、宮藤官九郎だ。

オリンピックの開会式の日。
志ん生は名人会。
演題は「富久」。



結局、聖火ランナーとして走ったのね、五りん。


バレーボールも決勝へ。
鬼の大松も涙。


そして、閉会式。
ぐちゃぐちゃなまま入場。
何もかも台無し・・・。
と思いきや、世界中から称賛されるという予想外の展開。


田畑の前に現れた嘉納治五郎の霊。
「これが君が見せたい日本かね。」
そこに、岩田が嘉納治五郎の時計をもってきました。
「俺のオリンピックがみんなのオリンピックになったよ」

3年後。
四三はストックホルムでようやくマラソンを完走。


そして、いだてんも完走。

来年は本物のオリンピック。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント