大河ドラマ「麒麟がくる」 #11  「将軍の涙」

竹千代は今川家へ。
そして光秀は、将軍の元へ。

織田信秀は怪我の状況が良くない様子。
弓が引けなくなっています。

三河へいつ帰れるのか。
竹千代は尋ねますが、
まだまだ先のようです。
が、義元は三河への侵攻を決めたようです。

そして、一気に尾張まで侵攻した今川。
齋藤ー織田の盟約の真価が問われます。

が、斎藤家中は纏まっていません。
織田のためには兵が集まらない。
米は送るが、兵は送れない。
その返答の使者に光秀が選ばれました。

信長は相撲を楽しんでいます。
光秀が来ているのを知っている信長。
光秀を待たせます。
平手、光秀に愚痴っています。
そこに、援軍を送らないことを伝える光秀。
計算が狂った平手。
帰蝶のいる意味もない…。
そう言いたげに平手は退出します。

その後、信長が部屋に入ってきました。
和議だな。
と方向性を示しますが、
誰がその仲立ちになるのかが決まりません。

光秀、将軍家を動かす策を出します。
それが、とりなしを頼むこと役を頼みます。

それを美濃へ持ち帰る光秀。
が、金は出せない。
だから、やりたければ勝手にやれ!
と突っぱねられます。

で、光秀、高政のところへ。
土岐家の力を借りようと協力を求めます。
「そなたの申すこと、なんでも聞く」
と言ってしまいます。
これは後で足枷にならないかなぁ。

土岐頼芸、光秀と高政に圧力をかけます。
そして、高政、利政を殺すと言わされます。
それを聞いて、文を書くことを決めます。
でも、金10枚までせびられます。


三好長慶の勢いで、
将軍義輝は近江へ逃れます。
宿に泊まろうとしたら、
細川藤孝が泊まっていました。
藤孝は将軍の権威が落ちていることを嘆きます。

そして、光秀を義輝のところへ連れて行きます。

「争うな」と背中を叩いてくれた。

光秀の言葉に励まされていた義輝。
そして、無念さを語る義輝。

義輝は、今川、織田に和議の使者を送ることを約束します。

「十兵衛、麒麟が来る道は遠いのぉ」









麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド) - 池端 俊策, NHKドラマ制作班, NHK出版
麒麟がくる 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ガイド) - 池端 俊策, NHKドラマ制作班, NHK出版

現代語訳 信長公記 (新人物文庫) - 太田 牛一, 中川 太古
現代語訳 信長公記 (新人物文庫) - 太田 牛一, 中川 太古

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント