大河ドラマ「軍師官兵衛」 #33 傷だらけの魂

官兵衛の洗礼の話でしょうか。
そして、秀吉は関白に就任しました。


秀吉は天下惣無事令を出しました。

ほかの家臣は加増されたのに、黒田家だけそれはなし。
原因を考える家臣たち。
実は官兵衛を敬遠しているのは秀吉本人。

なんとかして家康を上洛させたい秀吉。
秀吉は三成と謀っています。


おねは茶々に執心している秀吉に苦言を呈しています。
その茶々。
秀吉に対して全く興味がありません。
しかし、なぜか道薫にだけ、興味を示しました。


官兵衛は高山右近のもとへ。
南蛮寺で聞く賛美歌で有岡城を思い出しています。

茶々に有岡城のことを話すよう命じられた道薫。
その話を官兵衛にみとどけてほしいと頼みに来ます。
そこに出てきたのが、新吉。
いきなり道薫の子どもを紹介する新吉。
動揺した道薫、立ち去ってしまいました。


有岡城の話をさせられる道薫。
ここには化物しかおりません。
そう言い放った道薫。
秀吉は怒り狂い、刀に手をかけますが、
官兵衛は「願いが叶った。」と言い放ち、茶々は「生き恥を晒すことがこの男の報い。」と結局助ける方向に。
秀吉は道薫を大阪から追放することにしたようです。

利休が堺を紹介し、余生を過ごすことになりました。
「わしは、もう一度生きてみせる。」

その言葉が心に残ったのか、官兵衛、右近に対して洗礼を申し出ます。
う~ん。
キリシタンになる経緯がもう少し描かれたらよかったに。
ほんとに「何故キリシタンに・・・。」です。

今度は九州攻め。
直接官兵衛が怖いと伝えてしまった秀吉・・・。

"大河ドラマ「軍師官兵衛」 #33 傷だらけの魂" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント